記事

英留学中の佳子さま ハロウィンでコスプレデビューの可能性

【佳子内親王はパーティーに参加されるのか(写真:時事通信フォト)】

 英リーズ大学に短期留学中の秋篠宮家の次女・佳子内親王が、今月末に迫る「ハロウィン」で、コスプレデビューするかもしれないという。ハロウィンは近年、日本でも派手な仮装をした若者たちが乱痴気騒ぎをして話題になっているが、元々はヨーロッパ発祥の行事であり、英国では毎年10月31日に盛大に行なわれている。英国事情に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏が言う。

「子供たちは魔女やお化けの仮装をして近所の家をお菓子をもらって回るのですが、若者たちは仮装をして街中のクラブなどに集まり、お酒を飲みながら朝まで騒ぐことが多い。奇抜な仮装やメイクをすることで普段の自分ではなくなるような開放感が生まれるのか、ハメを外し過ぎて警察沙汰が絶えません。英国のハロウィンは日本よりもワイルドです」

 なかでもリーズ大学は、“過激イベント”で知られている。その代表が、学生自治会が主宰する「Living Dead Halloween Festival(ハロウィン・ゾンビ祭り)」だ。

「10月31日の夜10時から翌朝4時にかけて、3000人の学生がキャンパス内の5つのフロアで、酒を飲んでは踊るというクラブイベントです。リーズ大学は勉強面に加え、遊びの面も充実していて、英国内では“パーティー大学”と称されています」(国際ジャーナリストの山田敏弘氏)

 昨年の「ゾンビ祭り」の様子は学生自治会の公式フェイスブックに公開されているが、様々な仮装をした男女の写真が大量に掲載されていた。

 ゾンビ風のメイクを施した女子学生たちが、婦警やナースなど露出の多いセクシーなコスプレをして男性と抱き合ったり、頬を寄せ合ったりと楽しそうな表情を浮かべていた。佳子内親王がパーティーに参加する可能性はあるのだろうか。

 皇族の留学といえば、2007年に英エジンバラ大学に留学していた高円宮家の長女・承子女王が、〈男の人2人にナンパされた〉などと現地での奔放な日々をSNSに綴っていたことが大騒動になった経緯もある。

「この承子さまの一件以降、皇族が留学する際にはハメを外し過ぎないよう注意されているそうです。2014年から2015年にかけて姉の眞子さまが英国留学を経験されましたが、何のアクシデントもなかった。佳子さまがパーティーに参加するとしても、ご自身の立場をよくご理解されているはずです」(宮内庁関係者)

 ゾンビ男に絡まれないことを願うばかり。

※週刊ポスト2017年10月27日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。