記事

比大統領の対麻薬戦争、国内で約9割の支持=民間調査

[マニラ 16日 ロイター] - 16日に公表された民間調査機関パルス・アジアの調査によると、フィリピン国民の約9割がドゥテルテ大統領の対麻薬戦争を支持しているほか、約4分の3が超法規的な殺人が行われていると考えていた。

大統領の政策によりこれまでに数千人が死亡し、国際的にも懸念が広がっているが、警察は殺害した3900人超は全員武装しており、逮捕に暴力的に抵抗したとしている。

調査は先月1200人を対象に実施した。回答者の88%が対麻薬戦争を支持。9%は意見が未決定と回答し、反対は2%だった。

一方、超法規的殺人が行われていると考えていた回答者は全体の73%で、6月調査時の67%から増加した。

あわせて読みたい

「フィリピン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    体操内村の偽陽性報道 医師異論

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  6. 6

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  7. 7

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。