記事

原油先物急伸、米国の対イラン制裁巡る懸念で

[シンガポール 16日 ロイター] - 16日のアジア時間の取引で原油先物が急伸し、北海ブレント先物<LCOc1>は1%超上昇している。トレーダーによると、米国が対イラン制裁を再発動することへの懸念が背景。

また米石油掘削リグ稼働数の減少も原油相場を支援している。

0033GMT(日本時間午前9時33分)時点で、北海ブレント先物は0.62ドル(1.1%)高の57.79ドル。

米原油先物<CLc1>は0.43ドル(0.8%)高の1バレル51.88ドル。

トランプ米大統領は13日、米欧など主要6カ国とイランが2015年に締結した核合意について、イラン政府が順守しているとは認めないと表明。米議会に対し、対イラン経済制裁を再発動するかどうか60日以内に決定するよう要請した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。