記事

『CREA』の新連載「妄想キャスティング」についての見解

1/2

『CREA』11月号から始まった新連載「妄想キャスティング」が、ラジオ番組『東京ポッド許可局』内で行われている「キャスティングを勝手に考える」シリーズと企画内容が類似していると、プチ鹿島さんに指摘された件について、僕の見解を書きたいと思います。

先に事の経緯を振り返ります。まずは鹿島さんの以下のようなツイートがありました。

この「類似品」というのが僕の連載を指しているのは、その後のツイート等で明らかです(なお、僕はこのツイートには気づかず、別の方のツイートやおそらく鹿島さんのフォロワーの方からのそれを示唆するリプライを頂き気づきました)。
そのため、僕の見解をツイートしました(名指しされたわけではなかったので、こちらも許可局のことには触れていません)。 そしてそれを読まれたであろう鹿島さんが以下のようにツイートされました。

「筋が悪い」かどうかは僕が判断することではありませんが、少なくても「ゲロった」わけではないことを以下に説明しておきたいと思います。
先のツイートでも書いている通り、僕はこの「妄想キャスティング」というのが僕のオリジナルの企画だとはまったく思っていません。
と同様に、僭越ながら『東京ポッド許可局』並びにプチ鹿島さんのオリジナル企画だとも思っていません。
確かにこのふたつの企画だけを並べると後から始まった僕の企画が『許可局』の企画を真似したと思われるかもしれません。
が、ネットでちょっと検索すればそのようなことをしている記事はたくさんでてくるし、ネットは別だと言うのなら、雑誌などでそのような企画をしているのはよく見かけます。テレビでもちょっとしたコーナーでやっていることもあります。書籍化されたものもあるはずです*1。それらを無視すべきではないと思います。
つまり言いたいのは、このような好き勝手にキャスティングを考えるというのは、昔からよくあった企画で、誰か特定の人物の「専売特許」ではない、ということです。

その上で「いやいや、他のことはどうでもいい。結局、お前は『許可局』の企画に影響されてやったんだろ?」と言われるかもしれません。
それも明確に「NO」と言えます。
『許可局』がいつ頃からその企画を始めたか明確に分からないのですが、僕の発言を過去ログに記録されている範囲で見ていきます。
たとえば、「妄想キャスティング」という言葉を僕が使ったのは、ツイログで検索するだけでも、『許可局』の番組自体が始まる前の2012年の段階で出てきます。
twilog.org

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  2. 2

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  3. 3

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  4. 4

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  5. 5

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  6. 6

    戦争発言 元官僚の厄介な勘違い

    篠田 英朗

  7. 7

    不登校YouTuber炎上は新聞の責任

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「韓国を相手に」谷川議員に苦言

    大串博志

  9. 9

    任意の免許返納 行政は反発恐れ?

    AbemaTIMES

  10. 10

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。