記事

米軍ヘリ墜落に沈黙するこんな選挙などもはや無意味だ

 沖縄から帰ってきて、東京(本土)の報道を見て驚いた。

 沖縄で墜落した米軍ヘリのニュースがまったく見られない。

 わずか、同じヘリが6月にも緊急着陸するトラブルを起こしていたこと
がわかった、という、とんでもない追加記事だけだ。

 私が沖縄に行っていたきのう13日で、さんざん報道したらかもう十分
だというのだろうか。

 それよりも、何よりも、各党の党首が、選挙演説でまったく取り上げ
ようとしていない事だ。

 きのう、さんざん演説したらかもう十分だということなのか。

 今の政治で、いや、これからの政治で、米軍による日本の主権侵害という
これほど重大な問題はないというのに、である。

 私はここに、この国の政治のごまかしがあると思う。

 特に、立憲主義をとなえ、護憲を標榜する野党たちの沈黙ぶりはどうだ。

 もし、このまま、あと一週間、こんどの米軍ヘリ墜落事故をきっかけに
、日米安保体制の見直し、そして、その第一歩となる日米地位協定の改定
交渉要求が、野党党首から一切提起されないまま、選挙合戦が続けられる
なら、こんな選挙はまったく無意味だ。

 与党も野党も、国民のことなど眼中になく、ひたすら組織の拡大、維持
という自己保身だけしか考えていないということだ。

 こんな選挙は、一日もはやく終わらせるべきだ。

 こんな政治は不要だ。

 私は、きょう14日の街頭演説では、蓮池透さんに応援演説に来ても
らって安倍首相の対北朝鮮政策、拉致問題対策について批判をするつもり
だが、(午後1時、および午後6時立川、場合によって午後3時国立))、
あすからの一週間は、もっぱら、日米地位協定改定交渉を提起しない
トランプ大統領の来日をボイコットせよと叫ぶつもりだ。

 安保闘争こそ、今度の選挙が終わった後の、この国の政治の最大の
テーマにすべきだと叫ぶつもりである。

 いまこそ、安保闘争、よみがえれ、である(了)

あわせて読みたい

「総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  5. 5

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。