記事

選択式夫婦別姓議論と「日本人の姓/名字」の歴史

1/4
夫婦別姓をめぐる違憲訴訟がついに東京地裁に提訴された。

私自身は「選択式夫婦別姓」に賛成である(詳細は別稿にて述べたいが、私はさらに改姓・改名の自由を求める意見を持っており、その過程として選択式夫婦別姓に強く賛成する)。一方で「選択式」であるにも関わらず、同姓でない夫婦が生まれることを「家制度の破壊」であるととらえて反対する人たちも少なくない。

しかし、その家制度は本当に日本の「伝統」なのだろうか。私が調べた限り、そうではない。現在の戸籍制度は明治時代に民法によって作られた新しい制度だ。名前こそ「戸籍」という律令制由来の名称ではあるが、明治以前の「戸籍」の伝統を受け継ぐのではなく、むしろ明治維新後にヨーロッパ大陸法に基づいて徴税や徴兵を目的として作られた、たかだか150年の短い歴史しか持たない新しい制度であって、日本古来の伝統などとは到底呼べない。

ただ、一方でネット上では「明治以前は夫婦別姓だった」という記載も見られるが、こちらも正確ではない。

結論から言うなら、明治以前の日本の制度は「姓氏は出身氏族のものなので一生変わらないが、一家は同名字(兄弟でも分家すれば別名字)」だったのである。氏・姓・名字/苗字はすべて別のものであったが今はそれらがごっちゃになっている、という最低限の知識がそこには必要である。

日本人の「ファミリーネーム」の歴史:氏と姓と名字と苗字



「姓」と「氏」はもともと別のもの

ややこしいことに、今「名字/苗字」と「氏」と「姓」という言葉はほぼ同じ意味で使われているが、もともとはまったく別のものだった。「中国では夫婦別姓だ」というのだが、中国には姓はあっても名字はないから、日本の「夫婦別姓」とは事情が異なる。

もともと、古代から日本人は「氏(うじ)」と「姓(かばね)」を持っていた。氏名(うじめい)というのが本来の氏族名である。たとえば蘇我氏というのは蘇我という氏名(うじめい)を持つ一族だった。同様に物部とか大伴とか中臣とか、時代が下って藤原とか源とか平とか橘というのが氏名にあたる。

一方、姓(かばね)というのは本来はファミリーネームのことではなく、その氏の代表者への尊称から転じて家格あるいは序列のようなものとなった。蘇我氏の場合は「大臣(おおおみ)」が姓名(かばねめい)ということになる。大連、国造、村主などが姓名にあたる。

つまり、蘇我大臣馬子というのは「氏+姓+名」という構造になっていたわけである。

しかし、その後、姓(かばね)は廃れていく。天武天皇の「八種の姓(ヤクサのカバネ)」は姓を八種類にまとめようとした改革であった。その後、律令制が定まったころから姓(かばね)にはほとんど意味がなくなり、姓と氏の境界がなくなって、やがてそれまで「氏名(うじめい)」と言っていたものを「姓名(せいめい)」とも言うようになってしまったのである。少なくとも鎌倉初期には、源平藤橘の四つの「氏」を「四姓」と呼ぶ例がみられる(一方、仏教語としての四姓もあるが、こちらは四つのカーストであって、本来の意味の姓=カバネの意味に近い)。

氏・姓というのは出身氏族のものであるから、夫婦であっても氏・姓が変わることがないのは当たり前といえば当たり前の話である。

「称号」から「名字」の誕生

平安時代、姓氏とは別の名前が貴族の間に生まれた。何しろ、都の貴族と言えばかなりの率で藤原氏である。区別するために、邸宅の地名で呼び合うようになった。これが「称号」であり、建物を表わす「殿」を地名に付けて呼んだ。一条殿、三条殿、堀川殿、山科殿といった具合である。住む場所が変われば称号も変わるのである。

一方、鎌倉時代に入るころに状況が変わる。それまで母系制だったのが父系制となって一箇所に定住することになり、称号も世襲されるようになった。摂関家の場合、近衛殿、鷹司殿、九条殿、二条殿、一条殿という五つの屋敷の相続者たちが五摂家となった。こうして称号が世襲されたものが「名字」である。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  2. 2

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  3. 3

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  4. 4

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  5. 5

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  6. 6

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    仏、給食費未納問題、正しいアプローチは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月18日 12:36

  9. 9

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  10. 10

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。