記事

英女王の戦没者追悼式典での献花、チャールズ皇太子が代行へ

[ロンドン 11日 ロイター] - 英国のエリザベス女王(91)は、11月に行われる戦没者追悼式典で、慰霊碑に花輪を置く役割をチャールズ皇太子に代行するよう依頼した。

バッキンガム宮殿が声明で発表した。女王は、11月12日のリメンバランス・サンデーにロンドン中心部のホワイトホールで行われる式典を、近くの外務省のバルコニーから夫のフィリップ殿下(96)とともに見る予定だという。

王室関係者によると、これは女王自身が決めたことで、高齢のため同式典への出席が体力的に厳しいことが理由という。

女王は65年の在位期間中、戦没者追悼式典を欠席したのはわずか6回。そのうち4回は外国訪問のためで、他の2回は子息であるアンドリュー王子とエドワード王子の出産前だったため。

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。