記事

間違えて書き換えた、という弁解を鵜呑みにする上司は迂闊そのもの―信用できない!

大阪地検特捜部の前田元検事のフロッピー改竄証拠隠滅事件に関連して犯人隠避罪で起訴されている元特捜部長や元副部長の公判を、腹立たしい思いをしながら見守っているところである。

しかし、こんな弁解は聞きたくない、もう沢山だ、と思うようなことが続いている。
検察官の正義感が如何に底が浅かったか、ということを知らされている。

普通の人は部下の検事から、大変なことが起きているなどと聞けば、その大変なことがどの程度のことかを確かめるはずだ。
事実の正確な認識がなければ適切な対処など出来るはずがない。

大阪地検特捜部の元副部長の佐賀被告は、事実探知能力、真実発見能力が著しく欠如していたと自認しているのだろうか、随分愚かしい弁解を繰り返している。

こういう弁解を未だに堂々と繰り広げるのだから、日本の法曹界の質もそう大したことはない。
こういう弁解を聞いた一般の方々は、はい、そうですか、分かりました、と頷くのだろうか。
裁判官がこの程度の弁解を聞き入れるとは、私には信じられない。

証拠品に手を入れるのが日常的だったか、組織的な背景がなければ担当検事が証拠品のフロッピーの作成日時の書き換えなどというおどろおどろしいことをやるはずがない。
前田元検事は、普通ではあり得ない犯罪行為に手を染めてしまったのである。

そのことを知った上司は、徹底的に事実関係の調査を行って真相の解明をすべき責務がある。
フロッピーディスクを間違っていじって書き換えてしまった、などという如何にも信じられないような弁解を鵜呑みにして、それ以上の調査をしないで事を穏便に処理しようとした、ということであれば、犯人隠避の未必の故意があることになる。

同じ法曹人として私は、この検察官の迂闊さ、愚鈍さが許せない。
こんなことが罷り通るようであれば、検察の正義なんて実にいい加減なものだということになる。実に腹立たしいことだ。

参考 産経配信記事
「押収品のFD「間違っていじった、と聞いた」 佐賀被告、故意の認識改めて否定

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    謎解きを許さぬ三島由紀夫の意思

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。