記事

失敗から多くのことを学ぶ

昨日、日弁連の会長選挙の投票があった。
当選者がいないという日弁連始まって以来の事態になった。

得票総数なら元東京弁護士会会長で、司法研修所教官など弁護士会でまさに汗を流してきた正統派の山本剛嗣氏が優っているが、単に弁護士会での個別の勝敗から言えば圧倒的に反貧困、サラ金クレジット対策弁護士の神様宇都宮健児氏が勝っている。

かつて日弁連の会長選挙は代議員制を取っていたが、会員の意思を直接反映できる直接選挙制に変えなければならないということで直接選挙制度にしたが、その時に一つの条件を付けた。
たとえ得票総数で相手候補を上回っていたとしても、各地方単位会の3分の1以上で多数を獲得しないと当選者にならない、という一項目をあえて設けたのである。

弁護士の数が急激に増え、弁護士の世界が質量共に急激に大衆化している中で、個々の弁護士が会長選挙の候補者の人となりを知ることは難しい。
具体的な弁護士としての活動についてマスコミ等で情報が流布され、かつ親近感のある候補者の方が地方会の会員の支持を得やすい、ということが今回の日弁連会長選挙の結果で明らかになった。

弁護士会は不思議な組織である。
それぞれの単位弁護士会が独立の組織として、弁護士の自治が認められている。
単位会の独立性を尊重すると、こんなことになる。

私の見るところ、宇都宮弁護士は弁護士の代表の一人、弁護士という職業の在りようを自分の一身で代表する、という意味で、弁護士の中の弁護士の一人である。
山本弁護士は、全国的な知名度は劣るが、一貫して弁護士会を代表する弁護士として弁護士生活を送ってきた人で、組織としての弁護士会の指導者の一人である。
山本弁護士が主流派と言われ、私が弁護士会の正統派であると認めているのは、この点にある。

さて、日弁連の新しい会長に、弁護士会を代表する人が就くのがいいのか、「弁護士」の代表が就くのがいいのか。
弁護士界にとって悩ましい事態になった。

再投票が3月に行われることになった。
全国の弁護士がもう一度投票することになる。
再投票でも3分の1のルールが適用されるから、このままいけば誰も当選できない。
勝者も敗者もないけれど、何も決まらない、ということになる。

制度の欠陥がこうして浮き彫りになる。
時代の変化に応じてルールの見直しをしていないから、こんな不具合が起きる。

連邦制的要素を取り入れると、こんな具合に機能不全を来すことがある、という好適な事象である。
外国人の地方参政権問題を考える上でも大事なことである。

私たちは、失敗からこそ多くのことを学ぶことが出来る。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  3. 3

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  4. 4

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  5. 5

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  8. 8

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  9. 9

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  10. 10

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。