記事

知人や故人が登場すると、そろそろお仕舞い

どうしても説明が出来ないことが生じたときは、秘書が、秘書が、というのが政治家の口癖。
秘書がいない人の場合は、知人が、知人が、ということになる。

秘書がいても、秘書の名前を出せないときや頼りにならないときは、同じように知人が、知人が、と言わざるを得ない。
大抵このときに名前が出てくるのは、知人でも亡くなっている人。
故人である。

死人に口なし。
ここで真相の解明がデッドロックに乗り上げることになる。

1月31日に小沢氏が二度目の聴取を受けていた事実が明らかになった。
小沢氏が自分の進退に言及し始めた、ということは、その聴取が核心を衝いていたから、と考えるのが通常だ。

いくつかの新聞報道を重ね合わせてみると、そのポイントの一つが2005年3月から5月にかけての4億円の入出金の経緯であることが分かる。
小沢氏の記者会見後の小沢氏関係者の説明で、小沢氏が検察官に対し、「小沢氏が知人(故人)から預かり、新券に交換するため陸山会の口座に入れた」と供述したとのこと。

この供述は、決定的である。
ここまで語っていれば、知らなかったとは言えない。
供述の内容は不自然で信用性は低いが、4億円の出し入れは知っていた、という事実はこれで否定できなくなる。

弁護団として小沢氏の幹事長辞職を視野に入れた弁護活動を始めなければ、と思うのも自然だ。

小沢氏が先手を打つのか、それとも後手を踏んだまま終盤を待つのか。

政界では囲碁の名人だが、法曹界にはそれ以上の達人が揃っていると聞く。
多分、小沢氏は思い切った賭けに出てくるのではないか。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。