記事

石川議員の起訴を免れることは出来ないが、実刑を免れることは出来る

気の毒だなあ、と思う。
石川議員のことである。
ご家族の心情を思うと、出来るだけ早く現在の患いごとから解放し、人生のやり直しが出来るようにしてあげたい。

今回の事件で、直ちに議員バッジを外すまでの必要はない。
単なる不実記載であれば、議員としての活動が違法とされたわけではないから、判決が確定するまで議員を続けてもいい。
私は、そう思っている。
国民の多くは私と同じような感想を持っているのではないか。

(もっとも、組織的な証拠隠しに加担していた、ということになると、別問題だが。)

石川議員の弁護人に著名な死刑廃止論の人権派弁護士が付いたようだ。
小沢氏側の特別の意向を受けていないのであれば、ごく当たり前の弁護活動をされるであろう。
刑事弁護を行う弁護士には、いくつかのパターンがある。
元検事の弁護士。いわゆるヤメ検である。
権力対峙型のいわゆる人権派弁護士。
そして、司法修習生の指導のために時々刑事弁護を引き受ける一般の弁護士。

人権派の弁護士は、法の定める適正手続きの履行を厳格に求める。
こういう弁護人が付いている事件は、冤罪が起こり難い。
裁判は長引くが、被疑者、被告人の意見は十分に裁判に反映される。
そういう意味では、人権派弁護士が石川議員の弁護人に付いたことは評価していいことだ。

これに対し、検事出身の弁護士は、一般に捜査の見通しを立てることが得意だ。
事件の見切りがいい。
どこまで立件されるか、どこでどういう証拠を出せばいいか、いつ保釈されるか、どうやって保釈を取るか、捜査の拡大をどこまでで止めるか、などは、もっぱら検事出身の弁護士のテリトリーである。

贈収賄や選挙違反などの組織的な犯罪について検事出身の弁護士がよく登場するのには、こういう事情がある。
捜査中の事件については検事出身の弁護士が主に主導し、裁判になったら人権派弁護士が登場する、などということもある。

なお、こういう事件では、一切表に出ないで、裏で指揮を取る弁護士がいるのが普通である。
(裏にいるから裏口の弁護士、悪い弁護士というわけではない。むしろ経験豊かで、リーガルマインドのある有能な弁護士であることが多い。)

指揮を取る弁護士のセンスの良し悪しで、事件の展開が決まるのだが、さてこの事件ではどうなのか。

今のところ、石川議員の事件の起訴は不可避なようだ。
となると、問題は実刑になるか、執行猶予が付くか、ということになる。

何もしなければ、執行猶予が付けられない。
私が気の毒だなあ、と思うのは、現時点ではそんな状況だからだ。

難しいことだろうが、石川議員が現在の呪縛から一日も早く解き放たれるのを、私は待っている。
そうすれば、実刑を回避するだけの情状を作ることが出来る。
本人には一円も利得がない、こんな事件で、若い前途有為な青年が刑務所に収監されてしまうような結果になることだけは避けなければならない。

裁判所が情状酌量できる事情を何も作らないのでは、裁判所は有罪と認めた場合には、忍びないことではあるが実刑判決を出さざるを得なくなる。
そのことが本人に分かっているかどうか。
毎日沢山の刑事事件が報道されているが、このあたりのことが分かっている人はまだ少ない。
なんとかしたいものだ。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  2. 2

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  3. 3

    男子高校生に暴行の男は、優先席に寝転んでたばこを吸っていた 父親の怒り

    ABEMA TIMES

    01月25日 09:16

  4. 4

    医療逼迫から社会逼迫 結局柔軟な対応ができない日本という国

    中村ゆきつぐ

    01月25日 09:15

  5. 5

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。