記事

中国紙「沖縄は日本が不法占領」論文を全訳・徹底解読

1/6
中国紙、「沖縄は日本が不法占領」との論文掲載 - MSN産経ニュース」というニュースが流れた。「19日付の中国紙、環球時報は琉球(沖縄県)は明治政府が19世紀末に清国から奪い取ったもので、日本政府は今も沖縄住民の独立要求を抑え込んでいるとの趣旨の署名入り論文を掲載した」という。

原文が判明したので、これを全訳し、さらにその内容について詳細に検証する。

結論から言えば、唐淳風氏によるこの論文には、歴史的事実に関する誤りが多く、歴史の改竄と呼んでいいと思われる。ただし、日本が琉球王国を滅ぼして吸収・同化した歴史を忘れてはならない。

唐淳風:日本は釣魚島について中国と話す資格はない(全訳)


以下、環球時報より「唐淳风:日本没有资格与中国谈钓鱼岛」の全文の翻訳である。

1879年に日本が琉球に出兵して占領する前の中国地図に注目していただきたい。中華琉球王国はずっと中国朝廷に直属してきた独立王国であり、東シナ海の外の日本とは隔離されていた。釣魚群島ともなればさらに日本から1000キロ以上隔たっている。中国大陸棚の周辺にあって、琉球との間には深さ3000メートルの琉球海溝がある。地質構造的にも、歴史的な帰属においても、さらに国際海洋法の規定においても、すべて琉球と関係がない。日本列島は琉球については通っても、釣魚群島付近については受け入れられない。問題の鍵となるのは「琉球は日本の領土ではない」ということである。日本は釣魚群島と東シナ海の問題について我々と対話する資格がない!

琉球王国と大陸朝廷の関係がその他の従属国と違うところは、その国民の大部分が福建・浙江・台湾沿海の住民で、祖国大陸と血がつながっているだけでなく、言葉・文字もすべて中国語で、法律・制度も大陸朝廷と完全一致している。さらに自分たちが大陸朝廷の一部であることを忘れることなく、ずっと政治上も完全に朝廷に依拠してきた。一地方で強大となって勢力を占めるようになってからも、やはり朝廷に対して封じられて立国することを望んだ。歴史の記録によると、王国の住民の大部分は歴史上途切れることなく琉球諸島に渡海した大陸同胞以外に、さらに隋唐時代の朝廷の役人が派遣されたこともある。隋唐時代に琉球は大陸の海外貿易の重要な窓口となっており、その建設と発展を支援するため、隋朝の政府は琉球当局の求めに応じて、現在の我々が経済開発区を建設するような漢字で琉球を建て、国家建設の重点として組み入れた。政策と資金における大きな支援以外に、特に?南(福建省南部)で専門技術職人を招集し、琉球に派遣して建設に関わらせた。最大の場合は一回に2000人余りを派遣し、?南三十六姓が次々と向かった。後から琉球に来た住民は?南の三十六姓を誇りとした。役人としての能力を有していたからだ。

日本は長い間琉球を垂涎し、ずっと琉球を版図にくわえようとしてきた。もちろん薩摩藩の進攻があり、倭寇の襲撃があったが、琉球王国はみじんも揺らぐことがなかった。明治維新後、日本は国力強大であることにたのみ、琉球国王を脅迫して東京に連れて行き、日本に帰順するよう強いたが、それでも服従させることができなかった。手の施しようがなくなり、1879年3月日本は琉球に派兵して占領した。その後、大清朝廷と交渉し、清政府に琉球王権を譲らせた。しかし光緒帝と李鴻章の態度は強硬で、各種手段を用いて日本に厳重批判をした。日本に琉球から出て行くように強いて、琉球の主権の移転に関する協議にどのような形でも署名することを拒絶した。日本は何人かの軟弱者を買収して話したが、李鴻章は「琉球はすなわち我が東シナ海の障壁であり、もし日本人が居座るなら必ずや我が戦略安全の危険となる」としてすべての非難をはねつけた。

1945年に日本は敗戦し、その「無条件降伏」「カイロ宣言」「ポツダム宣言」によって不法に占拠したすべての領土から退き、琉球も日本から離れて自主に回帰した。1971年に中米国交が樹立しようとしたとき、琉球の主権回復後に米軍基地がなくなることをアメリカは心配し、日本は琉球における米軍統治に代わって米軍のプレゼンスを確保することとした。当時アメリカはいまだ台湾と断交しておらず、再三にわたって中華民国政府に「(主権がアメリカには属さないため)日本に主権が移行されるのではなく、ただ行政管理権を日本に渡すだけだ」と説明していた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  4. 4

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  5. 5

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  6. 6

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  7. 7

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  8. 8

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    マスク2枚?それなら小切手を配れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。