記事

米労働市場は非常にタイト、利上げ継続する必要=ボストン連銀総裁

[モントリオール 7日 ロイター] - 米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は、国内労働市場は「非常にタイト」であるため金利を徐々に引き上げる必要があり、そうしなければ景気回復が中断するリスクがあるとの見解を示した。

タカ派で知られる同総裁は講演原稿でこれまで示した見解を再度表明、9月の失業率は2001年以来の低水準となる4.2%に低下したが、今後も労働市場は改善するとの見通しを示した。

総裁は「現在の景気回復を尚早に短期化するリスクを最小にするため、金融緩和の段階的な解除を続けることは、プルーデントなリスク管理からみても評価できる」と述べた上で、国内経済は潜在力を上回る成長を続ける可能性が高いとの見通しを示した。

「非常にタイトな労働市場に対応しなければ、実質的にマイナスとなっている金利が、景気回復を不必要に縮める潜在的なリスクがある」と指摘した。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  7. 7

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。