記事

歴史が検証すること

民進党は希望の党公認、立憲民主党公認、そして無所属での立候補と、立場はバラバラになった。常任幹事会、そして両議院総会で前原代表に一任したが、その前提は大きく崩れている。
 
全ての候補者が希望の党に入れる、そして民進党の理念を実現するため、という説明であったが、どちらも受け入れられてはいない。政権交代の受け皿になるため、そして安倍一強を打破するため、前原代表なりの判断だったと思うが、この判断が正しかったのかについては、歴史が検証することになるだろう。
 
何故ならば、現時点では、色々な事が起こる可能性があるからである。例えば、政権交代可能な2大政党が出来上がれば、この決断は評価されるであろうし、希望の党が自民党の補完勢力となり、大政翼賛会が出来上がるのであれば、この判断は間違っていたことになるのだと思う。
 
色々な思いが交錯しているが、とにかく今は、私たちの仲間の当選のために全力を尽くすしかない。そして、安倍政権を倒す、そのために戦っていきたいと思う。
 
参議院議員・医師 桜井 充

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。