記事

裸一貫 水中の陣

  9月28日、臨時国会が召集されましたが、理不尽にも冒頭で衆院が解散されました。北朝鮮をめぐる情勢が緊迫する中、北の暴挙を非難する国会決議くらいは議題になるだろうと思っていました。が、それすら審議しませんでした。安倍総理は北の脅威への対応という「国難突破」を解散の理由に挙げていましたが、やっぱりウソでした。

  同日、民進党の両院議員総会が開かれ、前原代表から希望の党への事実上の合流が提案されました。安倍政権を退場に追い込み、「理想の社会を作るため、名を捨てて実をとる」と述べ、衆議院選挙で党の候補者は擁立せず、立候補予定者は東京都の小池知事が代表を務める希望の党に公認を申請することとし、希望の党との交渉などは前原代表に一任して、全力で希望の党を支援するという内容でした。

  唐突な提案に驚きはしましたが、安倍政権をストップさせるためにあらゆることをすべきだという前原代表の強い決意に、全員一致で従うことにしました。「一夜城」かもしれないが、官邸の意表を突く包囲網を作り上げることができるのではという思いからでした。しかしながら、その後の候補者調整は予想以上に難航し、公認を得られない候補者が多く出ることになりました。こうした事態を受け、新たに枝野幸男氏をリーダーとする「立憲民主党」が設立されました。事実上、民進党は希望の党と立憲民主党、そしてそれ以外の無所属に3分される結果となりました。

  私は無所属で立候補する道を選びました。私は、これまで民主党代表、民進党幹事長として、捲土重来を期して泥水すすって頑張ってきた全国の仲間に、打倒安倍を掲げて頑張ろうと激励をしてきた立場です。その仲間たちについては、希望の党に入った人も立憲民主党に入った人も、無所属で出馬する人も全て応援したいと思います。その意味でも、私自身は今回の選挙は無所属で臨みたいと考えたわけです。

  無所属というのは政見放送も無く、ポスターも限られ、ハガキも少ないなど選挙の戦い方に大きな制約があります。比例との重複立候補もできませんので、小選挙区で1票でも少なければ敗北です。背水の陣よりも厳しい、いわば「水中の陣」です。水中から裸一貫、岩肌に爪を立て、血を流してでもはい上がる気持ちで戦いに臨みます。厳しい戦いですが、かえってしがらみがなくなり、痛快に物事が言えるともいえます。

  打倒安倍政権を期して、素志貫徹、全力で頑張ります。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。