記事

〜藍より青く〜 今こそ、民主主義の原点回帰を。

1/2
 本日、私、上田令子は、都民ファーストの会、荒木千陽代表、増子ひろき幹事長、山内晃政調会長へ離党届を提出するとともに会派離脱を申し出ました。今回離党という決断にいたったことについき、都民ファーストの会にご期待頂きました皆々様に心よりお詫び申し上げます。

 離党及び会派離脱を決断せざるを得なかった理由を、都民のみなさまと関係各位にご説明いたします。

 なお、会派は離脱するものの、都民から負託を受けました都議会議員の職責は引き続き、都民の自由と幸福のため、今までに増して、いかなる議員より全力で全うしてまいります所存であることを申し添えておきます。

 また、小池百合子知事による都政運営に、「東京大改革」の原点に立ち返り、その実現に向けて全力で取り組みます。

リンク先を見る
記者会見動画 記者会見全文

【変質していった「東京大改革」】

 まず、決断に至った理由は、端的に都民ファーストの会執行部によって「東京大改革」が変質させられてしまったことにあります。

 私は、先の都知事選におきまして、全ての都議に先立って、小池百合子知事の立候補を支持し、都内外の地方議員の仲間に呼びかけて、全力で支援いたしました。過去の知事選では、都民の声に耳を傾けない政治家による国政政党中心の候補者選びが集権的に繰り返されてきました。これに追随することなく、地域のことは地域で解決するべく強い決意のもと、東京発、政界再生・活性化を目指し、都民益と自由・自治のため、主体性を持って、当時、私が代表を務めておりました地域政党「自由を守る会」としても支援を決定していました。

 小池氏は、「大義」を都民が「共感」できる政治を心がけているとして、「都民が決める。都民と進める。」と掲げて都政の透明化をはじめとする「東京大改革宣言」を示しました。私たちに対し、都政について「東京都は豊かな財源ゆえにかなり放漫経営になっている」と指摘し、「行財政改革に力を入れたい」としました。自民党都連と都庁官僚によるブラックボックス化して「伏魔殿」ともいわれる従来の都政運営に大改革のメスを入れるものと期待を大いに抱かせるものであり、全力で応援してきていると自負しております。

 その結果、291万を超える都民の支持を得て、都政史上初の組織の支援を受けない、女性知事が誕生し、小池都政がスタートしました。

 都知事と都議会が良い緊張関係をもった本来の二元代表制を実現できるものと意を強くもったものでした。本来の二元代表制が機能する都政のもと、あらゆるしがらみを断ち切り、労働組合、既得権益団体・圧力団体と一線を画す都政のトップリーダーとなっていくものと考えておりました。

 期待通り、小池知事の都政改革に向けたご尽力に敬意を表するとともに、1年余りのわずかな期間ににもかかわらず、多くの成果をあげ、都政のボックスに嚆矢を放ったことは、高く評価するものです。

 一方、都民ファーストの会の党・会派運営におきましては、これとは真逆の動きが見られるようになりました。

【党内民主主義の欠如】

 本年1月の会派結成にあたっては、前身会派である「かがやけTokyo」所属の都議として党内民主主義を確保すべく、規約案を当時の代表に提示いたしましたが、先ごろまで都議には規約が示されることはありませんでした。

 現任期の会派運営においても、役員会が会派意思を決定し、議員総会はその決定事項の伝達の場に過ぎませんでした。

 会派・党人事についても、ことごとく事後報告でした。荒木代表や小島敏郎政調会事務総長らの選任は、私たち都議には報道が先行、その後メールで通知されました。党内人事については、致し方なかったとしても、三権分立でいえば、「行政府」にあたる都庁の顧問を務める小島氏が、翌日から「立法府」たる議会会派の頭脳部たる政調会事務総長に就任することには大きな問題意識を感じるものです。

 各都議からは毎月、政務活動費15万円、党費6万円が徴収されていますが、政務活動費は血税を原資としているわけですから小島氏の人件費の金額・契約形態については事前に説明する必要があったのではないでしょうか。このように、根拠となる予算が示されず、政務活動費の使途についてもブラックボックスと言わざるを得ない実態がありました。

あわせて読みたい

「都民ファーストの会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン 高齢者に感染させないことさえできれば

    中村ゆきつぐ

    01月26日 09:23

  2. 2

    何故、立憲民主党より維新の支持率の方が高いのだろうか

    早川忠孝

    01月26日 09:15

  3. 3

    “周囲の乗客は見て見ぬふり”は許される?たばこ注意の高校生が暴行被害で論争勃発

    女性自身

    01月26日 18:36

  4. 4

    「正社員の特権がどんどん消えていく」扶養手当、住宅手当…諸手当が"全廃止"される日

    PRESIDENT Online

    01月26日 14:34

  5. 5

    日本電産のカリスマ経営者、事業継承に苦悩

    ヒロ

    01月26日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。