記事

今ようやく読みえた「天皇と東大ー大日本帝国の生と死」

立花隆の「天皇と東大」(文芸春秋)上下2巻をようやく読み終えた。

これだけタフな書物を読んだのは久しぶりだ。
凄い、の一言に尽きる。
すべての記事に裏付けがある。
膨大な文献や資料を丁寧に読み解いて、明治維新による大日本帝国の誕生から昭和20年8月15日の終戦の詔勅によるその滅亡までの歴史を書いている。

この書物は、暇があったら読んで下さい、などとは軽々しく言えない。
日本の重い重い歴史がそこに眠っている。
日本の近現代史を学ぶための大事な一冊である。

立花隆。
よくぞ、書いた。

歴史の狭間の中で、私たちは今自分がどこにいるのか分からなくなることが多いが、世の中にはその時々の時流に流されることなく、真実を追い求め、真実を語り続けた人がいた、ということを改めて教えられた。

見える人には、見える。
そういうことだ..

しかし、今の時代、河合栄次郎も、南原繁も、有沢広巳も、田中耕太郎もいない。
どこを向いてもファジーな人たちばかり。
困ったことだ。

私自身、もっと勉強しなければならない、ということを痛感した。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ロックダウンせずコロナ封じ込めに「失敗」したスウェーデン 日本人移住者が語る生活のいま

    田近昌也

    10月26日 09:03

  2. 2

    ラーメン店と4℃が元で男を振ってしまう愚かなあなたへ

    いいんちょ

    10月26日 10:04

  3. 3

    にぎわい戻る日本に「油断しないで」 コロナ感染女性が綴る闘病と復帰後の苦しみ - 吉沢さりぃ

    BLOGOS編集部

    10月26日 09:31

  4. 4

    水産庁の職員が「1か月毎日海鮮丼チャレンジ」に挑戦中「飯テロ」とSNS上で反響

    BLOGOS しらべる部

    10月25日 17:26

  5. 5

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  6. 6

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  7. 7

    小栗旬の『日本沈没』 作品を薄く広く覆っている「軽さ」について

    NEWSポストセブン

    10月25日 14:25

  8. 8

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  9. 9

    野党支持者の誤爆と2021衆院選の政策論戦が盛り上がらない理由

    やまもといちろう

    10月26日 11:59

  10. 10

    橋下氏&岸博幸氏が“脱成長”論を猛批判「自分の年収を100万にしてから言え!」

    ABEMA TIMES

    10月26日 12:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。