記事

今ドキ運動会 組体操がラインダンスになりパン食い競争中止

運動会の定番種目に異変発生

【運動会の定番種目に異変発生】

 秋の運動会シーズン、全国の小中学校で異変が起きている。“廃止”が相次いでいるのが「組体操」だ。

「保護者の要望で続ける学校もあるが、事故のリスクを避けて廃止する学校が増えています」(教育評論家の親野智可等氏)

 そうしたなかで生まれているのが“名ばかり組体操”である。

「プログラムには『組体操』と書いてあるのに、生徒が行進と整列を繰り返した後、肩を組んでラインダンスを踊るだけ。思わず“これで終わり?”と声が出てしまった」(群馬・中学生保護者)

 安全意識の高まりから、他の定番競技も変貌を遂げている。

「障害物競争は、ハードルを跳び越える時に転ぶと危ないので、ハードルを“くぐる”競争に。パン食い競走も一度は“食べ物を無駄にしない”ようにと、その場でパンを完食してから走り始めるルールが採用されたのに、今度は急いで飲み込んで喉に詰まらせそうになる子供が続出。“危険すぎる”と今年から中止になった」(埼玉・小学生保護者)

 もはや“走ると転ぶリスクがある”という理屈で競歩を導入しそうな勢いだ。

※週刊ポスト2017年10月13・20日号

あわせて読みたい

「運動会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO売却でライザップ再建を想起

    大関暁夫

  2. 2

    音喜多氏 朝生出演で未熟さ痛感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    よしのり氏 安倍首相に期待残す

    小林よしのり

  4. 4

    ダムめぐる鳩山氏の発言を批判

    深谷隆司

  5. 5

    CSの大欠陥を証明した西武敗退

    幻冬舎plus

  6. 6

    チョ・グク氏辞任で窮地の文政権

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  8. 8

    雅子さまが乗り越えたモラハラ

    女性自身

  9. 9

    質問通告遅らす森議員は官僚の敵

    天木直人

  10. 10

    「スカーレット」演出の雑さ指摘

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。