記事

在宅起訴で決まりだが、捜査の終結宣言は出せない

「捜査中なので、お答えしないことにしております。」
「捜査中ですので、お答は差し控えさせていただきます。」
同じようなものだ。

報道されている事実について積極的に反論や説明をしないのは、報道は認めざるを得ない、と自認している証拠。
「何を言っても攻撃の材料を与えるだけだから、黙っているに如くはない。」
そう覚悟したということだ。

収支報告書の虚偽記載の事実は、今や白日の下に明らかになった。
元公設第一秘書が虚偽記載の事実を全て自白しているから、虚偽記載の点について証拠隠滅の虞や被疑者逃亡の虞がない、と司法当局が判断するのは首肯できる。
変なところから献金を受け取っても困るので、鳩山家の資金を使った、という理由も分からないではない。

こういう状況で被疑者の身柄を拘束して取り調べをせよ、というのも、余罪の指摘がない限り、法律家としては出来ない話。

元公設第一秘書が虚偽記載以外の非違行為をしたかどうかは、新聞報道では不明である。
単なる会計事務担当者、言われるがまま、指示されるままに仕事をせざるを得ない立場の、いわゆる執事、小間使いだったら虚偽記載以外の犯罪には無縁だということはあり得る話である。

やはり、これは在宅起訴になるケースのようである。

しかし、これで終わり、とならないのがこの事件である。
今は捜査中でも、12月に入れば起訴、来年の2月に公判、判決という段取りになる。
通常国会の会期中に裁判が終われば、一連の事件について国会で何も質疑をしないわけにはいかない。
当然参考人招致や証人喚問の話が出てくる。

逃げるわけにはいかないだろう。
逃がすわけにはいかないだろう。

税金申告の時期である。
脱税事件についての国民の関心が特に高まる時期である。
12月から来年3月にかけて脱税事犯の取り締まりのニュースが紙面を賑わすようになる。

贈与税や所得税の脱税という観点から一連の所得移転を見なければならない。
この時期に、捜査終結宣言など出せるはずがない。

私は、そう見ている。

私は、鳩山総理の進退が極まる時期だと見ている

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  4. 4

    プペルも…配信ない映画の残念さ

    かさこ

  5. 5

    国旗損壊罪に専門家は「なぜ今」

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    都はキッズライン厳しく処断せよ

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    石橋貴明の娘が芸能界デビューか

    NEWSポストセブン

  10. 10

    韓国の対日訴訟 事実認めず迷走

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。