記事

デビュー35周年、60歳を目前に嘉門達夫から嘉門タツオに

〝替え歌〟で知られるシンガソングライターの嘉門タツオ(58)が「COME ON!カモン!カモン!」と題したレギュラー番組を7日(19時30分~20時)からFMヨコハマでスタートすることになった。嘉門と言うと「ラジオ」や「深夜放送」のイメージが強いが首都圏でのレギュラーは実に21年ぶり。また、名前を嘉門達夫から名前をカタカナ名の「嘉門タツオ」に変えてからは初めてのレギュラー番組になる。

大阪ではレギュラーが多い嘉門だが、首都圏ではFMTOKYO「爆裂スーパーファンタジー」以来。「振り返るとゲスト出演ばかりだったかもしれませんね」。そう言った中、独自の世界を最大限に活かせる番組としてスタートするのがFMヨコハマ「COME ON!カモン!カモン!」。

「実は横浜はライブもいっぱいやってきたし、考えてみたら、その横浜のラジオで番組がなかったのが不思議だった」と言う。番組は嘉門の日常での好奇心や探究心を生かした内容になるそうで「IT」の分野から「食」に関してまでを語ると言う。もちろん、ゲストを招いてのトークや、生ギターでのライブも盛り込んでいく。

特に、最近は食に関心を持っているそうで「食のワンダーランド~食べることは生きること」とタイトルしたアルバムも出している。嘉門にとって横浜や中華街は曲づくりのテーマになっているそうで、アルバムにも「炎の麻婆豆腐」「崎陽軒シウマイ弁当の歌」「ラーメンの歌」などを収録している。 「これからも歌っていきたい曲はいっぱいあるんですよ。そう言った意味でも今回の番組は大きな刺激になると思う」と言い「番組内で新曲をいち早く紹介することも考えていきたい」と意欲を見せる。

デビュー35周年を迎えた。60歳を目前に控えて「まだまだやり残していることは多い。心機一転頑張っていきたい」と言うのが名前をカタカナに変えた理由だと言う。

一方で「実は、お坊さんから〝墓参りの歌〟を作ってくれないかとも言われているんですよ。ま、墓をテーマにした作品も面白いかもしれませんよね」。

歌も番組も嘉門らしさを出していきたいということかもしれない。

あわせて読みたい

「ラジオ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  7. 7

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  8. 8

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  9. 9

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  10. 10

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。