記事

風に左右される東京選挙区「自民の牙城でも勝てる保証なし」

石原ファミリーも決して安泰ではない(写真:時事通信フォト)

【石原ファミリーも決して安泰ではない(写真:時事通信フォト)】

 10月22日投開票される総選挙において、小池百合子・東京都知事による「リセット」の効果が最も劇的に現われるのが首都・東京である。何より、今の東京の有権者には、7月の都議選で都民ファーストの会が圧勝し、自民党が歴史的惨敗を喫したことによって、自らの一票で「安倍・自民にお灸を据えた」という“成功体験”の記憶が生々しく残っている。

 小池氏は選挙戦の初っ端で「希望の党」代表就任発表を安倍晋三首相の解散発表会見の日にぶつけ、さらに民進党を事実上“吸収”したことで、ワイドショーの話題を独占。「自ら陣頭指揮を執って重点選挙区には新鮮味のある女性候補を次々と擁立する」(希望の党関係者)という筋立てだ。

 もともと東京は無党派層が多く、「風」に左右されやすい。自民党が民主党に政権を明け渡した2009年総選挙では、小選挙区で勝ち残った自民候補はわずか4人。民主が21議席を獲得した。さらに今回は、2009年の逆風下でも勝ち残った4人、元都連会長の石原伸晃氏(8区)、前都連会長の下村博文氏(11区)、平沢勝栄氏(17区)、井上信治氏(25区)らの地盤とて安泰ではない。都政担当記者が解説する。

「平沢氏の17区には葛飾区と江戸川区の一部が入るが、都議選では葛飾区の自民候補が4万票だったのに対し、小池氏率いる都民ファーストの候補は5万票。江戸川区では自民6万5000票に対して都民ファ10万5000票と2倍近い差だった。

 ほとんどの都民ファ候補は実績も知名度もなかったが、小池氏が号令をかけたことで都内全域で自民党の“地盤崩壊”が起きた。次の総選挙では、石原ファミリー長男の伸晃氏や、加計学園問題でフォーカスされた下村氏に対しても、小池氏が得意の刺客戦術に打って出るでしょう。候補のタマ次第では、自民の牙城だった選挙区も勝てる保証などどこにもない」

※週刊ポスト2017年10月13・20日号

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  6. 6

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  7. 7

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。