記事

松本人志がキングオブコントで最高得点をつけた新星「にゃんこスター」は一夜の奇跡か

1/2
キングオブコント2017ホームページ

涙を流して笑ってしまった。10月1日放送「キングオブコント2017」(TBS)に降り注いだ新星、にゃんこスターだ。アンゴラ村長のあのバカバカしい動きと顔が頭から離れない。コントの台詞を借りれば「ありがとう!この動き最高だよ!」だった。

「めちゃイケ」のオファー企画に通じるにゃんこスターのお笑い

にゃんこスターは男女コンビで、ツッコミがスーパー3助(34)、ボケが女性のアンゴラ村長(23)。今回披露したネタは2本。「リズムなわとびの発表会」と「リズムフラフープの発表会」で、どちらも大塚愛の楽曲に乗せて、アンゴラ村長が華麗なパフォーマンスを披露。盛りあがるサビでパフォーマンスを放棄し、動きでボケる。それをスーパー3助が解説しながらツッコみ、最後はなぜかコンビ名を名乗って終わる…2本とも同じフォーマットのコントだった。これがひたすらバカバカしかった。

このナンセンスを「新しい」と表することに異論はない。なにしろ新しい人が衝撃的にバカバカしかったのだから。だが、番組内VTRでアンゴラ村長が「(笑いの)原点に近い」と発言していたように、彼らの笑いは新しいようで古い。あえて呼称するなら「ネオベタ」か。

その系譜を辿るなら、たとえば「めちゃイケ」で岡村隆史がダンスの素養を活かし、モー娘、AKB、EXILEらと共演するオファー企画に通じる。岡村がアーティストのダンスパフォーマンスを習得し、ライブで披露したあと、その動きを崩してボケる。その一連の流れをモニタリングする矢部の解説とツッコミ。にゃんこスターのフォーマットそのものだ。

さらに時をさかのぼれば、言葉を発することなく黙々と動き続けるアンゴラ村長と、その横で解説とツッコミを加えるスーパー3助という、サイレントパフォーマンスと実況の組み合わせは、俯瞰すると無声映画と活弁士の関係にも辿り着く。にゃんこスターを見て、1920年代のバスター・キートン作品を連想することは決して突飛ではなく、ワクワクするような話だ。

この、にゃんこスターの笑いを支えたのは、アンゴラ村長の体技だった。彼女のなわとびの技術は見事で、番組内で本人もコメントしていたが「9年間習って」「研究生で(人に)教えられる」ほどのレベルだという。

芸は身を助くとは然り、このなわとびの技術があってこそ、ボケたときの動きに落差を生みだす。ゆえに村長本人も「苦手なんですよ」と言っていたフラフープのバージョンは、なわとびに比べて笑いの威力がやや劣った。これは仕方ない。言うなれば、フラフープの技術が上がればコントの威力も増す余地がまだあるという話だ。

キングオブコント決勝でどよめいた「オチ」の違和感

彼らがコンビを結成して、わずか5ヶ月でキングオブコント決勝進出という浅い経歴も驚きを呼んだ。キングオブコント決勝という頂点のダンジョンで、無垢なビギナーズラックなど起きない。二人ともコンビ結成までに別々の芸歴があり、スーパー3助は15年目、アンゴラ村長は3年目である。だが、それを踏まえても結成5ヶ月のコンビが刻んだ爪痕は、猫の爪にしては強烈だった。

二人はどういうプロセスを経てこのネタを作ったのだろうか。アンゴラ村長が身につけていた特技に活路を見い出し、大塚愛の楽曲(「さくらんぼ」「SMILY」)を選び出し、スーパー3助が弾幕の如くフリオチのフレーズを的確に添え、NHKEテレ教育番組風な少年キャラでナンセンスを誇張し、子どもウケも大いに照準…、あれこれ考え練って、至ったネタだと推察される。

このネタに、もしビギナーズラックがあったとしたら、「名前だけでも覚えてください」という若手漫才の定番挨拶をコントに移植した自己紹介のオチだろう。これが新宿バティオスでの若手芸人ライブなら、おそらく違和感のない自己アピールのアイデアだが、舞台のレベルが上がれば上がるだけ「なぜオチでそれを!?」という違和感が増大していく。エントリー2477組の頂点を決めるキングオブコント決勝のスタジオがこのオチでどよめいたのは、この違和感に他ならない。

見終えて、ひたすら楽しい気分にさせてくれたにゃんこスターに拍手を送りつつ、ネット上にネタ動画もあれこれ上がるのを承知で、彼らのアクティブなネタをあえて文字に残してみる…。

あわせて読みたい

「松本人志」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  3. 3

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  4. 4

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  5. 5

    宗男氏 枝野代表に「お門違い」

    鈴木宗男

  6. 6

    過去作否定? ターミネーター新作

    いいんちょ

  7. 7

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  8. 8

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  9. 9

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  10. 10

    水害補償に山本太郎氏「お粗末」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。