記事

ZOZOTOWN送料「自由化」開始 送料収入がアップしたら「なんらかの形でお客様に還元」

通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイは10月1日、商品の送料を購入者が自由に決められる「送料自由化」の取り組みを始めた。10月1日の注文分から始まっている。

ZOZOTOWNではこれまで、4999円以上の購入で送料を無料にするサービスを実施してきたが、今回の取り組みによって、購入金額が4999円に満たなくても無料で配送してもらうことが可能になる。

「運ぶ人と受け取る人との間に、気持ちの交換が生まれれば」と同社社長

実験結果はどうなるのでしょうか
実験結果はどうなるのでしょうか

送料は、商品購入時に品物代金と合わせて支払う。ユーザーは、注文時に画面上のセルから100円~1500円の中から送料を選択する。手打ちで好きな金額を設定することもできる。何も操作しなければ400円に決定される仕組みだが、手打ちの場合は3000円が上限、0円が下限になっている。

仮に多くの人が0円を選び、送料収入が減少した場合はどうなるのか。スタートトゥデイの広報担当者は「配送会社との詳細な契約については答えられない」とした上で、「送料が下振れした場合のマイナス分は、弊社で負担します」と、配送会社の負担が増加することは無いと話す。逆に、集まった送料が実際の経費を上回った場合の利用方法は

「試験的な運用のため、まだ明確に決めていません。ただ、なんらかの形でお客様に還元しようとは考えています」

と明かした。同社社長の前澤友作さんは10月1日、自身のツイッターで送料自由化の開始を発表し、

「0円でも500円でもお客様の自由です。自由に価格を決めていただくことで、運ぶ人と受け取る人との間に、気持ちの交換が生まれれば素敵だなと思います」

と、サービス導入の背景について語っていた。リプライではサービスについて様々な質問や賛否が寄せられたが、「多めに払ったことが、宅配担当者に伝わっていると嬉しい。そういう仕組みはあるか?」との質問には「いいですね、それ。考えてみます!」と前向きな姿勢を見せている。

あわせて読みたい

「スタートトゥデイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  3. 3

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  7. 7

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  8. 8

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  9. 9

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。