記事

英政府、ボーイング・ボンバルディア問題で国内雇用維持へ争う構え

[マンチェスター 1日 ロイター] - 米商務省が米航空機大手ボーイング<BA.N>の訴えを受けて、カナダのボンバルディア<BBDb.TO>の旅客機「Cシリーズ」に220%の相殺関税を課す方針を仮決定した問題で、英政府は1日、英領北アイルランドのボンバルディア工場で働く数千人の雇用を守るために争う構えを示した。

同工場では「Cシリーズ」の翼部分を製造し、約4200人を雇用。関連するサプライチェーンでは数千人が働いている。

英国のフォックス国際貿易相は1日開幕した保守党の年次党大会で、政府がこの問題の解決に向け水面下で取り組んでいると説明。「政府は争う方針だ。われわれはより大きな争いの集中攻撃にさらされている」とし、「保護主義的な措置が増える状況を懸念している」と語った。

仮決定された相殺関税は、米国際貿易委員会(USITC)が来年下すとみられる最終判断でボーイングの訴えを認める場合に確定することになる。

今回の問題は、北アイルランド経済に影を落とすだけでなく、自由貿易と米英の緊密な関係が欧州連合(EU)離脱後の英国の経済繁栄、世界への影響力を支えると主張するEU離脱派の根拠を台無しにしている。

メイ英首相は28日、ボーイングの行為は英国とボーイングの取引関係を損なうものだと批判。ブロークンシャー北アイルランド相も、ボーイングの行為は英政府が長期的な防衛パートナーに臨むものではないと述べ、協議が必要との考えを示した。

ただ、ボーイングによると同社とそのサプライヤーは英国内で1万8700人の雇用を担っており、首相がボーイングへの対抗措置を講じる可能性は低いとみられる。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  2. 2

    日本の本当の財政事情を知らない? 財政均衡にこだわるリベラル勢力

    マガジン9

    10月27日 14:23

  3. 3

    パックンにみる小室圭騒動のワイドショーコメンテーターの忖度

    メディアゴン

    10月27日 10:33

  4. 4

    台湾危機に巻き込まれざるを得ない日本 対習近平戦略から考える日本の安全保障政策

    宇佐美典也

    10月27日 12:00

  5. 5

    「女性候補が少ないのは女性のせいなのか」日本で女性議員が増えない本当の理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 15:15

  6. 6

    作家・羽田圭介が「貯金なんかせず好きなことに使え」と言い切る理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 14:21

  7. 7

    維新大躍進の予想 背景には庶民感覚を失った公明と共産の存在

    田中龍作

    10月27日 10:28

  8. 8

    菅直人氏の発言「民主党政権の時代に高校無償化まで実現。現在も無償化」は“不正確”

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    10月27日 16:19

  9. 9

    どうなる衆院選!?前代未聞のコロナ禍で100年に1度の選挙となるか

    毒蝮三太夫

    10月27日 09:04

  10. 10

    入試改革はなぜ失敗?「誰でも語れる」から迷走する教育政策の厄介さ

    物江 潤

    10月27日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。