記事

歓迎!リベラル新党

「(希望との合流を決めた9月28日の)両院議員総会で、前原氏がみんなで新しい器で民進党の理念や政策を実現しようと言った。前提が違うなら私も納得できない」(1日付日経電子版 「民進・枝野氏、新党も選択肢」
一体何が納得できないのだろうか。「民進党の理念や政策を実現」出来なかったのは、「民進党の理念」が党内で統一されていなかっただけのこと。
「希望には合流せず、独自の新党結成も選択肢になるとの考えを示唆した」(同日経電子版)
リベラルを標榜する人達が一つの政党、グループにまとまることは大賛成だ。それは、「保守」と「リベラル」が明確に線引きされ、「保守」なのか「リベラル」なのか判別できない党が野党第一党でいるという悲劇を解消できるからだ。

おそらく「希望の党」にとっては歓迎すべきことで、「希望の党」に対して「数合わせのために理念も政策も無視した野合」」という批判が出来なくなる自民党にとっては痛手になるだろう。

気になるのは、何故「リベラル新党」結成が必要なのかということ。共産党や社民党と野党共闘を組もうとしていた人達なのだから、共産党か社民党に「合流」すればいいだけのように思えてならないが。

「希望の党」なら当選できるかもしれないが、「社民党」や「共産党」では当選しにくいと考えているのであれば「リベラル新党」でも結果は同じになりそうだ。所詮そうした候補に明日はない。

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  5. 5

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    外国人が感じる日本の不思議文化

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。