記事

必要なのは"格差是正"より"貧困の救済"だ

1/2

ライター 鈴木 工

日本が直面するさまざまな難問を、どう解決すればいいのか。経済学者や政治学者の議論だけでは限界がある。玉川大学の岡本裕一朗教授は「哲学という切り口も役立つはずだ」という。たとえば難問のひとつは「格差拡大」。世界の哲学者たちは、格差の是正より「貧困の救済」を訴えているという。なぜなのだろうか。4つの難問を哲学で考察していこう――。

■1. 大失業時代

プロ棋士を倒すソフトが出現し、車の自動運転が実現するなど、進歩する人工知能。コンピュータは単純計算といった人間の仕事を代用してきたが、やがて医者や弁護士のような知的労働にも進出し、失業者が増えていく可能性は高い。アメリカの全雇用の47%が高いリスクにさらされ、10~20年のうちに自動化されるという予測もある。

「テクノロジーが急速に変化し、人間の生活が後戻りできないほど変わる未来を、人工知能の権威レイ・カーツワイルは、『技術的特異点』と名づけ、その時を2045年に特定しました。ホーキング博士も、もし自らを改造できる自律型の人工知能が誕生したら、人間は追い越されるだろうと予測しています」(岡本教授)

自律型の人工知能について考える際、ヒントになる概念が「啓蒙の弁証法」だ。「啓蒙」とは無知な迷信に惑わされず、物事を合理的に理解する理性のこと。本来は人間を解放する有益なもので、近代科学や資本主義などを生み出した。しかしやがてナチズムのような「反-啓蒙」に転化。人間を支配する道具として力を持つようになった。

「外部から違う社会原理が支配しようとするときはすぐ気がつくのに、内部で育てあげてきた原理には足をすくわれやすい。人工知能も同じです。もともとは人間を助けてくれるよきものだったはずが、いつしか人間そのものを支配する可能性があるのです」(岡本さん)

■2. 監視される社会

マイナンバー制の導入によって、監視社会を意識した人は多いだろう。1970年代、哲学者ミシェル・フーコーは、監視社会のモデルとして、「パノプティコン」という概念を提唱した。パノプティコンとは、囚人から見えない場所にいる看守が、大勢の囚人を一望する刑務所。同じように近代社会も、多くの人々が少数者から「監視されている」と受け止めるようになっていると論じた。

さらにデジタル化をふまえて、メディア学者マーク・ポスターは、「スーパー・パノプティコン」という概念を唱えている。

「電子マネーやカーナビなど、断片的な履歴の情報を蓄積していくと、その人の行動や素性が見えてきます。監視されているのに無意識なこと、監視が自動的に行われることが『スーパー・パノプティコン』の特徴。興味深いのは、マンションの監視カメラや子どもが持つケータイなど、生活の自由や安全を保証してくれるシステムが、監視を可能にしていることでしょう」

さらに社会学者トマス・マシーセンは、「シノプティコン」の概念を説く。これまでのように少数者が多数者を監視するだけでなく、マスメディアしかり、多数者が少数者を見物する「見世物」の側面も強まったという考えだ。

そのほか、生産者に訓練を施して規律通りに動いてもらう「規律社会」から、消費者に欲求のまま行動してもらい、その情報をもとにコントロールしていく「管理社会」に移行しているという議論もある。今後、監視や管理が強まる方向なのは間違いないようだ。

あわせて読みたい

「貧困」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相に振り回され続ける日本

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。