記事

外食ビジネスが好調すぎて投資できず(T T)

あつまろです。

今年前半は外食ビジネスをしらべていて、いくつか投資の狙いをつけていたのですが、すこし株価が下がったらなーと思いながら次々に外食企業各社の株価が伸びていってしまいました。まず代表的なのは「いきなり!ステーキ」のペッパーフードサービス。年初から5-6倍まで伸びてしまいました。「ここはいいので投資しよう」と思っていながら、ずっと消費者としてモグモグと食べているうちに株価が成層圏まで突き抜けてしまいました。PERも65倍と、とても手が出ません。

次に「串カツ田中」。こちらも2倍超です。もともと株価が高くて、「すこし下がったところで多少高値つかみでも買おう」と思っていたのですが、いまではPER58倍です。同じくとても手がでません。

3番目が「鳥貴族」。上記2社は100店舗クラブなのですが、こちらは500店舗クラブと安定企業の様相であり、高い成長は期待できないものの手堅いかなと思って投資対象候補に入れています。長らく保っていた価格も引き上げを決めています。株価は9月に入ってからポーンと上がってしまいました。PER27倍。

上記3社は投資を前提に考えていまして、その他にも準候補として「かつや」のアークランド。こちらは500店舗クラブを目指す企業。 あと魔の1,000店舗クラブに近づいてはいますが、700店舗台の「餃子の王将」を経営する王将フードサービス、海外事業にも積極展開しようとしている「丸亀製麺」(国内700店舗台)を展開するトリドールも好調です。

あわせて読みたい

「株式投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PayPayに5000円チャージして後悔

    上伊由毘男

  2. 2

    クイーン映画 海外で酷評相次ぐ

    小林恭子

  3. 3

    初デートで8000円の店は妥当か

    東龍

  4. 4

    日本にまともな戦闘機は作れない

    清谷信一

  5. 5

    HUAWEI巡り各国が米中二者択一に

    飯田香織

  6. 6

    宗男氏 河野外相の無回答は賢明

    鈴木宗男

  7. 7

    ゴーン氏は有罪? 会計士らの見解

    山口利昭

  8. 8

    なぜファーウェイは排除されるか

    ロイター

  9. 9

    「料理しない」宣言した米国人嫁

    fujipon

  10. 10

    鈴木京香「彼を育てきった」破局

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。