記事

eリーダーやタブレットによる電子書籍/雑誌/新聞の閲読、3年後には過半数の消費者に浸透

Kindleに代表されるeリーダーやiPadに代表されるタブレットが、新世代モバイル端末として急浮上してきた。まだアーリーアドプターとかギークと呼ばれる一部のマニアック層が飛びついている段階かもしれないが、3年以内には過半数の消費者が手にし、日常的に電子書籍や電子新聞を読んでいるかもしれない。

 The Boston Consulting Group (BCG)の調査によると、米国の消費者の57%が、3年以内にeリーダーかタブレットを購入したいと答えている。来年までに購入を計画していると答えた割合は29%であった。かなり速いペースで普及するのかも。

 今回の調査は、オーストラリア、オーストリア、中国、フィンランド、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、ノルウェー、韓国、スペイン、英国、米国の14か国、1万2717人の消費者を対象に、2010年3月に実施した。

 その調査結果の一部を以下に。eリーダー/タブレットの購入希望者の多くが、購入した装置で電子書籍や電子雑誌、電子新聞を読みたいと答えている。


eリーダー/タブレットを3年以内に購入するつもりのユーザーを対象に、電子書籍/電子雑誌/電子新聞を読みたいと答えた割合(%)は? 黄色は14か国のユーザー、緑は米国ユーザーのみ
画像を見る

 
 また多目的用途のタブレットを購入したユーザーは、上の電子出版物を閲読するほかに、利用したいアプリケーションとしてWebブラウザ、メール、ビデオなどをあげていた。

3年以内に多目的用途タブレットを購入するつもりのユーザーが使いたい用途。黄色は14か国のユーザー、緑は米国ユーザーのみ
画像を見る




◇参考
E-Readers and Tablets Are Poised to Become Popular Mass-Market Devices, According to New Study by The Boston Consulting Group(BCG)
E-readers, Tablets to Become Mass-Market Devices(MarketingProfs)

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    ゲームストップ株暴騰 市場の宴

    ヒロ

  6. 6

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    韓国の対日訴訟 事実認めず迷走

    文春オンライン

  9. 9

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  10. 10

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。