記事

メルケル首相の連立交渉「元サヤ」が現実的な理由 極右台頭の衝撃、ドイツ総選挙後の行方を読む - 花田吉隆 (元・在東ティモール特命全権大使)

1/3

 9月24日、ドイツで総選挙が行われ、予想通り、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)が勝利した。メルケル首相がさらに4年間政権を担当するのは確実である。

 しかし、今回の選挙結果は少なからぬ波紋を呼んでいる。CDU/CSUは確かに勝利したが、その得票率は32.9%(27日時点、以下同)と1949年のドイツ連邦共和国成立以来の最低水準に落ち込んだ。連立相手の社会民主党(SPD)も20.5%と、これまた記録的敗北とされる。両党が失った票は、極右の「ドイツのための選択肢」(AfD、12.6%)と自由民主党(FDP、10.7%)に流れ、AfDは94議席を獲得し、ついに連邦議会進出という歴史的勝利をおさめた。FDPは前回の2013年、5%条項*を突破できず連邦議会の議席を失ったが、今回10.7%と得票率を倍増し、再び表舞台に返り咲いた。その他の左派党(9.2%)、緑の党(8.9%)がほぼ横ばいだったことを考えると、ドイツ政治が右に大きくシフトしたことが覗われる。

*5%条項:比例代表で5%以上、もしくは小選挙区で3議席以上獲得できなかった政党には議席が与えられない。

 なお、26日、AfDのペトリ党首が離党を表明した。同氏の離党はかねてより党内で噂されていたが、25日、共同記者会見の席上、ペトリ党首が連邦議会AfD会派からの離脱を表明するにおよび、モイテン共同党首らがペトリ党首に離党を迫りペトリ党首がこれを受け入れることとなった。注目は今後どれだけの人数が同調するかだが、今のところ動きに力強さはなく影響は限定的とみられる。しかし、引き続き注視は必要であろう。

あわせて読みたい

「ドイツ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  5. 5

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  8. 8

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  9. 9

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

  10. 10

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。