記事

中国市場のSNSとソーシャルゲームの現況をまとめたレポート

中国のSNS市場はまさに戦国時代。その上で展開されるソーシャルゲームも百花繚乱。

 その中国の人気SNSからトップ4と,ソーシャルゲームからトップ10について分析したレポートがBloggerInsight.comから販売されている。フルレポートの価格は490ドル(年内割引)とのことだが,無料のプレビューも公開中である。

 ここではそのプレビューから,レポートのさわりを紹介する。トップ4のSNSとしては,Qzone, Kaixin001, Renren, 51.comの4サービスを選んでいる。

リンク先を見る 
(MAU = monthly active users)

 トップQzoneのトラフィックは484 MAUを誇るQQ Messengerからのもの。以下に登録アカウントが100万以上のSNSを掲げる。

画像を見る
(Notes: QQ figures are for QQ Messenger, not Qzone. Xiaonei was renamed Renren.)

 青色の背景の米国勢は,Facebookがブロックされたこともあって,低迷している。ユーザーのほとんどは複数のSNSを利用しており,一人当たり平均して2.78のSNSに会員登録している。またSNSユーザーの53%が20-29歳となっている。中国のインターネットユーザーの23%が20-29歳であることから見ても,いかにSNSが若年層に浸透しているかがわかる。中国のSNSユーザーがSNSを利用する理由としては, 42%が “killing time”で27% が“playing games”とのことだ。


 さて,そのSNSでの“playing games”となると,ソーシャルゲームの人気がうなぎ上りとなっている。このレポートでは,中国の人気ソーシャルゲームのトップ10を次のように選んでいる。

画像を見る


 ナンバー1のHappy Farmは今はやりの農耕ゲーム。DAU(daily active users)が2700万人。毎日,2700万人がログインしてバーチャル農場で遊んでいるのである。FacebookのFarmVilleのDAUが2800万人なので,ほぼHappy Farmは肩を並べる。中国のソーシャルゲームの大半は,Facebookで人気の出たゲームをまねたものがベースで,いろいろと手を加えた形で提供されている。この農耕ゲームも,先のトップ4のSNSをはじめ多くのSNSで利用されているわけだ。

 中国のソーシャルゲームはFacebookの人気ゲームのコピーが幅を利かしているわけだが,中国政府が暴力や犯罪、ポルノがらみのゲームを厳しく禁止し始めており,マフィアゲームの中国上陸は不可能。またゲームの中でも,盗んだりする行為も許されないそうな。で,コピーも厳しく禁止するのかな?。



◇参考
Social Media's Influence Grows Across China(marketing-interactive.com)
Top 10 Chinese Social Network Games; BloggerInsight Report Provides Good Insights Into China’s SNS Market(Digital East Asia)
中国でも「SNS+ゲーム」が満開する兆し(メディア・パブ)
The year it exploded: 10 hottest Chinese social games of 2009(GamesBeat)

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  7. 7

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。