記事

マードックの矛盾,盗人グーグル経由で有料のWSJ記事がタダで読めるのはなぜ

ひとつ前の記事で,「マードックがグーグルに禁じ手を使うのか,WSJなどのニューズ社の全コンテンツが検索不能になるかも」と伝えた。グーグルがまるで盗人のごとくメディアのコンテンツを勝手に使って,繁栄を謳歌しているとして,マードックが怒りを爆発させている。これからの課金モデルビジネスを軌道に乗せるために,ニューズ社のコンテンツがグーグルの検索エンジンに引っかからないように,禁じ手を使うぞとの脅しでもあった。

 彼はオンラインコンテンツの有料ビジネスの成功事例としてWSJ.comを取り上げ,WSJ.comを見習ってメディア業界が手を組んでpay wall(課金の壁)を設けるべきだと呼びかけている。ところがマードックの行動には矛盾が残っている。その有料のWSJ.comの記事がグーグルの検索エンジン経由でタダで読めることがあるのだ。

 試してみよう。先ほど,WSJ.comにアクセスしてみた。次のようなトップページ画面が現れた。

リンク先を見る

 
 ここで鍵マークが付いた記事が有料コンテンツである。そこで鍵マークの付いた記事"Hu Outlines Domestic Focus at APEC Summit"に飛んでみた。飛び先のページでは,その記事の本文は2行しか表示されないで,本文全文はpay wallで遮られた。購読申し込みの案内が出ている。

リンク先を見る


 だが,ソーシャルメデャアに馴染んでいる人だと,ここであきらめない。グーグルの検索エンジンに,以下のように見出しを入力する。

リンク先を見る

 検索結果のトップに,その記事が現れた。

リンク先を見る

  その検索結果をクリックすると,以下のように有料記事の全文がタダで閲覧できる。


リンク先を見る

  実は,この種の仕掛けは前から施されていた。「有料のWSJ記事をタダで読む裏技,WSJがこっそりとソーシャルメディア対策を」でも既に紹介していた。ソーシャルニュースサイトDigg経由でも,有料記事が閲覧できた。


  ユーザーが新聞サイトのニュース記事に接触する経路として,二つのタイプがある。一つは,新聞サイトに目的地サイトとして訪れて,そこから好みの記事を閲覧していくタイプである。この経路を取るのは中高年者が多い。もう一つは,ソーシャルメディア経由で特定の記事を閲覧するタイプである。若い層が多い。

  そのソーシャルメディア経由のユーザーを増やすことに,新聞社サイトも力を入れ始めている。ソーシャルメディアで記事の存在が口コミで知れ渡るには,検索エンジンで検索されることが重要になる。ブロガーが検索エンジン経由でWSJ.comの記事にアクセスし,その記事をブログで引用する場合が多そうだ。実際,米国のソーシャルメディアでよく話題になる新聞社サイトの記事としては,NYtimes.comとWSJ.comが目立って多い。

 このように,ソーシャルメディア経由のトラフィックを増やすために,WSJはグーグルの検索エンジンの世話になってきたとも言える。ソーシャルメディアの世界では,有料コンテンツは相手にされない。そこで裏技的に,グーグル経由でアクセスすれば有料記事までが無料で読めてしまう。これだと,グーグルの検索エンジンでニューズ社のコンテンツをシステム的に検索させないようにすると困るのは,グーグルではなくてニューズ社(WSJ)ではないのか。

 ニューズ社のCOOもWSJのpaywallに問題があることを認識している(こちらの記事)。それでも,マードックはRupert Murdoch to remove News Corp's content from Google ‘in months’ とこぶしを上げてしまっただけに,・・・。大きな墓穴を掘らなければいいのだが。  


◇参考
News Corp COO ponders overhaul of WSJ's paywall system, others still don't think it will work(editorsweblog.org)

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  4. 4

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  6. 6

    眞子さま 4月から無職の可能性も

    女性自身

  7. 7

    国民煽る河野氏「和製トランプ」

    SmartFLASH

  8. 8

    歯磨きで感染? 断定報道「誤り」

    川島透

  9. 9

    小池氏が応援遊説 宣言下に驚き

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    朝日と産経 動画でまさかの連携

    岸慶太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。