記事

仏政府、今後5年で570億ユーロ投資へ 「財政圧迫せず」

[パリ 25日 ロイター] - フランス政府は25日、今後5年間の公共投資計画の概要を明らかにした。投資額は総額570億ユーロ(678億8000万ドル)と、マクロン大統領が選挙公約に掲げた500億ユーロを若干上回るが、財政への負担にはならないとの見方を示した。

政府の発表によると、570億ユーロのうち200億ユーロは環境関連分野に投資する。また、150億ユーロは職業訓練、130億ユーロは技術革新、残りの90億ユーロは政府のIT(情報技術)化促進に振り向ける。

財源の一部は融資や株式投資などで賄うため、財政赤字の悪化にはつながらないとした。

ただ、投資計画の策定を担当したエコノミスト、ジャン・ピサニフェリー氏によると、投資額のうち240億ユーロは向こう5年の予算に盛り込まれた新たな歳出だという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。