記事

シンガポール初女性大統領 予想外の反発

1/2

画像を見る写真)就任式に臨むシンガポールヤコブ・ハリマ新大統領
出典)シンガポール大統領府

大塚智彦

【まとめ】

・シンガポールに初の女性大統領(第8代)が誕生。初代大統領以来のマレー系。

・リー・クアンユー首相とその一族による世襲に近い支配の印象を薄め、政権基盤を強化する狙いがある。

・「リー王朝支配」や「リー一族の内紛」などに市民は反発、抗議集会が開かれ「初の女性大統領」誕生も色あせている。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全てが表示されず写真の説明と出典のみが残っていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトで記事をお読みください。】

シンガポールマレー系ハリマ・ヤコブ前国会議長(63)が史上初めて女性の大統領として無投票で選出され、第8代大統領に就任することが決まった。

画像を見る
写真)聾唖施設を訪問するハリマ・ヤコブ大統領 2017年9月16日
出典)シンガポール大統領府

シンガポールの大統領職は最高裁長官や警察総監、国防長官、司法長官など政府高官の任命権や国庫準備金関連の権限などごく限られた職権しか有しない極めて象徴的、名誉的な役職に過ぎない。

しかし人口568万人(2017年4月)のシンガポールは中国系国民が74%と圧倒的多数を占め、マレー系13%、インド系9%と続く多民族国家であり、「民族の調和」を基本政策として掲げている。

画像を見る写真)マーライオンとシンガポールの高層ビル群.
Photo by ペウゲオト

このため名誉職である大統領にも「過去5回大統領に選出されていない民族の人物が次の大統領の候補となる」というリー・シェンロン首相による昨年の法律改正で、今回はマレー系候補者の選出が前提とされていた。

大統領選には5人が名乗りを上げたものの、2人はマレー系以外、2人のマレー系実業家は民間人の場合の「資本5億シンガポールドル(約400億円)」以上の企業の会長か最高経営責任者の経験者」という資格要件を満たさなかった。

このため選挙管理委員会は国会議長経験を持つマレー系女性のハリマ女史を「政治家として3年以上の政府要職経験者」という唯一の資格保持者として9月23日に予定されていた投票を待たずに「無投票での当選」とした。ハリマ女史は大統領としては初代のユスフ・イサク大統領(1965~1970年)以来のマレー系大統領となった。

 画像を見る
写真)ユソフ・イサク元シンガポール大統領
出典)シンガポール大統領府

11日に会見したハリマ女史は「結果として無投票になったが私は当選を約束されていたわけではない。シンガポール国民のために最善を尽くすという考えは選挙の有無に関係ない」と意欲を見せた。

あわせて読みたい

「シンガポール」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  5. 5

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  10. 10

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。