記事

官僚はどう生きるべきか

1/2
加計問題は収まりを見せたのかと思いきや、解散・総選挙で、また蒸し返されそうな気配が漂います。 左右両面の見方が放り投げられたまま整理がされていませんが、ぼくは元官僚として、元官僚や現官僚のせめぎあいを眺めつつ、その生きざまに思いをいたしております。

前文科事務次官「行政が歪められた」発言に対し、元官僚の学者などが同意したり批判したりしていますが、際立って説得力と迫力があったのは加戸守行さんでした。 文科省の局長から知事へ転出した加戸さんと前川さんの、官僚トップ同士の対立には興味深いものがありました。

補佐・課長クラスが政治も交えせめぎ合う行政現場の実態を表舞台にさらし、岩盤と忖度という日本的なるものを巡り同じ役所の官僚トップOBがやりあった点で一級のエンタメでした。 でも次官経験者で前川さんの発言・行動を指示する人なんているんでしょうか。 局長・次官経験者の評価を聞きたいものです。

内閣人事局は政高官低の定着、政治による官僚支配の完成を意味します。 官僚は天下りがなくなり、権力も削がれ、いよいよ生きざまを問われます。 政治への転出は一つの有力な出口ですが、かつてのように次官・局長から議員になる道は減りました。 そこで若手官僚が民主党から大量進出したが失敗に終わりました。

かつて総理は官僚出身者の席でした。 吉田岸池田佐藤福田大平中曽根。 しかし宮澤さん以降25年間、官僚首相はいなくなりました。 政が官を必要としなくなった、というより、政と官の役割分担が変わったのです。

小泉内閣はスタート時、官僚出身の大臣は森山(労働)、川口(通産)、村井(通産)、尾身(通産)、柳澤(大蔵)、片山(自治)、遠山(文部)、大木(外務)の8名。官僚内閣でした。 暴れん坊首相と官僚司令塔(飯島秘書官)のもと、官僚OB大臣が官僚を押さえることで小泉政権は推進力を保ちました。

あわせて読みたい

「官僚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BTS炎上にみる韓国の被害者意識

    中田宏

  2. 2

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  3. 3

    北方領土の一括返還主張は理想論

    鈴木貴子

  4. 4

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  5. 5

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  6. 6

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    NZ航空の低レベルサービスに驚き

    かさこ

  8. 8

    言い間違い連続の桜田大臣に呆れ

    小宮山洋子

  9. 9

    新型Mac miniは「いちいち快適」

    常見陽平

  10. 10

    竹島上陸の韓国議員に質問状送付

    佐藤正久

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。