記事

品質キャッチアップに布石を打ち始めた中国の自動車メーカー

先週末に、中国自動車大手の比亜迪(BYD)が日本の金型大手オギハラの工場を4月に買収するという記事があり、中国の自動車産業も、新たな段階に進もうとしていると思っていた矢先、今日はやはり民間自動車会社の吉利がボルボの買収についてフォードと合意したという記事がでていました。

いよいよ中国の自動車産業も「品質」を強化にむかった具体的な動きを加速してきていることがうかがえます。とくに比亜迪(BYD)は、二次電池、携帯のメーカーでもあり、2008年には、世界初の量産型プラグインハイブリッドカーF3DMを発売した企業です。

想像するに、金型大手のハギワラ買収は、自動車の空力特性を向上するためのデザインを実現するためには、高度な金型技術が必要だから買収したということではないでしょうか。

画像を見る
BYD世界初の量産型プラグインハイブリッドカーF3DM

自動車の場合、情報家電のように中国で高品質を生み出す体制が短期的に生まれるかどうかはわかりませんが、市場規模ではアメリカに並ぶ存在となり、元気いっぱいであり、また自動車生産でも今や世界第三位となりました。

中国メーカーと海外メーカーの技術提携や中国企業による部品を含めた買収などの動きは止まりそうになく、品質でも競争力をあげてくることは間違いものと思います。そのあたりの中国の自動車産業の動きについては、昨年の日経ビジネスのビジネスウィークの特集記事が参考になります。

中国の自動車市場が世界一になる-国内メーカーも急成長、製品の品質も向上

トヨタもそういった動きを長期的に睨んで、リコール問題での一時的な打撃を犠牲にしても、品質基準を引き上げるという英断を下したのかもしれません。品質のハードルを引き上げれば、それだけフォローアップにも時間がかかりますからね。

ついでに言いたいのは前原国土交通相が、トヨタ首脳と話し合いもせずに、得点稼ぎか、トヨタは顧客を見ていないという発言があったことは気になります。追い打ちをかける発言でした。いったい、前原さんは誰を見ているのでしょうか。

世界の経済はダイナミックに動いているのですが、どうも政治は、マスコミも含め国内の内向きな話ばかりです。グローバル市場に日本がどう立ち向かっていくかというところに話題が収斂してこないことがが気になります。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  4. 4

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  5. 5

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  6. 6

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  7. 7

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

  8. 8

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

  9. 9

    鳩山由紀夫氏“民主党は内ゲバで崩壊”と的確な分析に賛同も「急にまとも」と困惑続出

    女性自身

    09月22日 14:37

  10. 10

    河野太郎氏は、国会議員投票でも一位を取るべく全力を尽くしべし

    早川忠孝

    09月22日 17:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。