記事

免疫治療 新たな研究の進歩

今はまだ効率も良くなく、値段の割にいいかげんな医療、いやインチキな医療として認識されている免疫治療(オプジーボ等(PDー1関連)は除く)。それでも私は100%否定しているわけではありません。なぜなら医療の進歩によっては今後効率等が上がり効果が高まる可能性があるからです。以前の免疫治療に対するまとめの記事です。実際PDー1によるがん治療なんて最初誰も信じておらず、本庶佑先生の提案、オプジーボ開発は小野薬品以外誰もを受けてくれなかった事実は有名な話です。

そう思っていたら現在の免疫細胞治療において効果がない一番の理由、T細胞の高齢化、疲弊を解除する可能性の研究が慶應の吉村研から出ました。(がんとの戦いで疲弊した免疫細胞、若返らせる技術を開発…慶大グループ)。
>研究チームは、疲弊したヒトのキラーT細胞を、免疫細胞の発生を助ける作用のある細胞と一緒に培養。疲弊したキラーT細胞は、敵の情報を記憶したばかりの増殖前の状態に戻った。寿命が延び、外敵が現れた際の増殖能力も高かった。
>若返ったキラーT細胞を、ヒトのリンパ腫を移植したマウスに注入すると、リンパ腫の成長を抑えられ、生存期間が延びた。
正直ヨミドクターの記事ではよくわからなかったのですが、AMEDのプレスリリースを読むとなるほどでした。(免疫細胞を若返らせ、強い抗腫瘍効果をもつ細胞の作製に成功―がん免疫療法における新たな細胞移入療法の開発―)吉村先生のコメントも研究者としての喜びが溢れています。(T細胞を若返らせる--K君の論文
>今回の成果は、遺伝子導入技術を用いずに、がんに特異的に反応するT細胞を増やすことを可能にするもので、早期にがん治療へ応用できることが期待されます。また免疫細胞に限らず一般的な細胞の「若返り」の方法の開発とメカニズムの解明につながることも期待されます。
ネズミのM-CSF欠損ストローマ細胞OP−9(幹細胞培養では有名)に人のノッチリガンド(デルタ)を導入し、Tリンパ球と培養することでTリンパ球の疲弊のマーカーであるPD−1が消失し、増殖含めた様々なリンパ球の反応が復活すると言うものです。

それこそ今やっている免疫細胞療法はこのリンパ球培養法を使うと効果が上がるかもしれません。もちろんまだネズミの段階で臨床には10年以上かかる可能性があります。そしてもちろんエビデンスを作るため臨床試験は必要です。でも今ある効果数%ではなくなるかもです。

新規治療薬であるCAR-T療法は一月後の反応がなければお金はいらないという方法で売り出されるそうです。(1回5000万!)今後この免疫若返り細胞療法が臨床に使えるようになるときには同じような条件をつけてもいいかもしれません。そう今の医療の常識は否定される可能性はあります。だからこそ今のバイアスがある情報を正確に提示すべきなのです。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。