記事
  • S-MAX
  • 2017年09月23日 14:55

スターバックス コーヒー ジャパン、ポイントプログラム「STARBUCKS REWARDS」を提供開始!Starを貯めてさまざまな特典が受けられる――スマホなど向けアプリもリニューアル

画像を見る

ゼロから始めるスマートフォン

スターバックス コーヒー ジャパンは19日、同社が展開する全国のコーヒーチェーン「スターバックス」初のポイントプログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」を2017年9月20日(木)より提供開始すると発表しています。

海外で先行して展開していたポイントプログラムを日本でも導入した形で、スターバックスカードで商品を購入すると「Star(スター)」と呼ばれるポイントを貯めることができ、貯めたポイントをドリンクやフード、コーヒー豆などと交換できるという仕組みです。

Starはスターバックス カードによる支払い50円(税抜)あたり1つ貯まります。一方でこれまで「ワンモアコーヒー」でおかわりした場合に100円でしたが、値上げされて150円となりますが、スターバックス リワードを利用すれば従来通りに2杯めのコーヒーが100円になります。

スターバックス リワードにはこの他にも新商品の先行購入などの特典が用意されており(一部はGold Star限定)、手持ちのスターバックス カードをWeb登録することで参加できます。すでにWeb登録済みの場合は自動的に参加となります。





スターバックス リワードのStarのグレードには「Green Star」と「Gold Star」の2種類があり、始めはGreen Starを集めます。1年以内にGreen Starを250Stars集めると、Gold Starが集められるようになります。そしてGold Starが150Star貯まるごとに、700円(税込)までの商品と交換できるReward eTicketが発行されます。

なお、スターバックスカードを持っていない場合は、スマートフォン(スマホ)など向けアプリ「スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ」からデジタルスターバックスを発行できます(おサイフケータイ対応の場合はそのままモバイルスターバックスカードの手続きも可能)。

またスターバックス リワードの開始に合わせてアプリもリニューアルされました。使い勝手が良くなっているほか、Starの獲得状況の確認や特典への交換が可能となっています。



動画リンク:https://youtu.be/ApLiPYoB9ZU



あわせて読みたい

「スターバックス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  8. 8

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。