記事

「審議もしないで解散するとは、卑怯者と言われても仕方がない」枝野代表代行



 枝野幸男代表代行は22日午後、定例の記者会見を国会内で開き、国会解散や総選挙の争点等について発言した。

 国会解散については、「解散する以上はちゃんとした説明責任が必要だが、これまでも『丁寧に責任する』と繰り返し言ってきたにもかかわらず、憲法に基づく臨時国会召集に応じず、開いたと思ったら審議もしないで解散するとは、卑怯者と言われても仕方がない。以前から『恣意的に内閣が解散できるのは、19世紀の名残で時代遅れ』と言ってきた。そうした時代遅れの制度の悪用だ」と批判した。

 北朝鮮問題が今回の選挙の争点になるのかという問いには、「『相手国に間違ったメッセージを送ってはいけない』等、われわれも基本的に政府の対応を支持するので、選挙の大きな争点になってはいない。むしろ、本当に全国に対応を呼びかけなければならないほどの危機であるならば、解散をして政治空白を作るよりも、危機対応のために総理が東京で待機するくらいの緊張感をもって臨むべきだ」と述べた。

 離党議員のいる選挙区に対抗馬を出すかという質問には、「われわれは野党第1党として政権を目指すので、『すべての選挙区にわが党の候補者を立てたい』という思いが大前提にある。現状では、その地域の党員や地方議員の皆さんは選択肢を奪われてしまうので、できるならば候補者を立てるのは当たり前だ」と答えた。

 選挙に向けて政策の違いをどう示していくか問われると、「今回の選挙は、政策そのものが争点にならず、政治姿勢が争点になる選挙。『上から目線の政治』『お友達ばかりに目が行っている政治』といった政治体質が争点になると思う」と語った。

民進党広報局

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。