記事

ミヤネ屋でインチキ治療解説! 正しくないからテレビに出れない

本日のミヤネ屋でインチキ治療特集がありました。

お金を無駄にして悲しんでいる人、全く効果がなかったが本人には希望を与えてくれて後悔していないという人、両者を提示することで本当いい特集だったと思います。取材に協力された様々な方ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

宮根さんやタカさんのマシンガンのように出てくる誘導コメントに、一生懸命頑張って医学的に対応されていたがんセンターの若尾先生お疲れ様でした。

「標準治療は最高の医療」
「免疫治療は臨床試験が必要」
「ビタミンCは試験管やネズミでは効果があっても人間での効果は証明されていないものばかり」

医学的に当たり前なんですが、宮根さん含め一般の方が納得できていないことをしっかり話されていました。

番組が免疫クリニックに取材を申し込んでも断られたようで、宮根さんの
「正しい治療ならテレビ出た方が宣伝になるでしょうに!」はまさに!
コメントしていた3つのクリニックのうち最後の臨床研究やっていると言っていたのは瀬田クリニックかな。ネガティブキャンペーンとも書いていましたがだからこそ前に出てくるべきなんだけどな。

それでも人によってはインチキと言われている治療にも効果があるのでは宮根さんの質問に、
「何も治療しなくても自然に治癒するがんがある」
とはっきり言うも、そのあとは少しトーンダウン。そこはもっと言って良かったのではとは思います。まあ笑うといいのではというのもありましたね。大阪の番組だから。

宮根さんの知人の重粒子線治療を受け元気だという友人例から、
「高い金出したらいい治療が受けられるのでは」
と言う問いに対しては
「重粒子線でなくても普通の放射線治療であるライナックで効果があったと思いますよ。たくさんお金を払ったらいい医療が受けられるということはありません。 」
と言うコメントは拍手です!

抗がん剤含めて標準治療は苦しいと言う思い込みのコメントが所々に出ていました。これが払拭できないと難しいですね。

先進医療や主治医選びも話されていましたが、山尾さんの会見の途中参入があり、少し盛り沢山過ぎましたかね。第2弾期待です。

あわせて読みたい

「ミヤネ屋」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  3. 3

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  4. 4

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  5. 5

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  6. 6

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  7. 7

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  8. 8

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  9. 9

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  10. 10

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。