記事

光ケーブル断線事故で、回線メンテナンス体制が進んでいることを実感

オフィスは関電のEOと契約しているのですが、今朝方オフィスのネットが切れ、直後に通信会社から電話で回線がなにかのトラブルで止まっているという連絡がありました。ちょうどビルの空調の設備工事のクレーン車が作業を始めたころで、きっとクレーン車が光ケーブルをひっかけたのでしょう。

LAN環境のトラブルなら、自分たちでなんとかできますが、回線が切れるとどうしようもありません。それもそうですが、連絡が入らなかったら、回線が繋がらない原因がわからず大騒ぎだったと思います。

会社で提供しているネット・サービスは当然、サーバーも回線もデータセンターでやっているので、問題はないのですが、ネットがつながらないオフィスは、まるで停電状態みたいになってしまいました。メールなどはEモバイルのカードで通信を行って、なんとかしのいでいると、回線の工事会社の人が来てくれました。

その工事に人が、なにか連絡を取りあいながら作業をしていると思ったら、光ケーブルが、44メートル先で問題が起こっていると診断し、これから工事チームが来て補修すると教えてくれました。どうして問題箇所の診断ができるのか、俄然好奇心がわき、いろいろ想像をめぐらしていましたが、それよりも凄いことだと全員感動ものだったことは言うまでもありません。

その後に工事のチームがやってきて、問題箇所を見つけ、今、光ケーブルを張替えている最中ですが、回線状態の異常を集中管理で発見し、現場で問題箇所の診断を行い、それにもとづいて、問題箇所を特定し、補修するという流れを体験すると、いかにも回線インフラを維持する体制が整っているのかがわかります。

いくらインターネットが発達しても、ネットにつながらなければ陸の孤島に置かれたも同然です。回線が断線するとどうしようもありません。あらためて回線インフの重要性を体感した一日でした。また外出時だけでなく、こういった回線トラブルのあった時にもEモバイルのカードは役に立ってくれます。停電状態のときの懐中電灯以上の存在でした。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  8. 8

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  9. 9

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  10. 10

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。