記事

トランプ政権「閣僚・重要ポスト人名録」(18)ヒックス広報部長 - 足立正彦

29.ホープ・ヒックス・ホワイトハウス広報部長(28)

 前任のアンソニー・スカラムッチ氏が突如解任された後、暫定的に広報部長を務めてきたが、ホワイトハウスは9月12日、広報部長就任を正式に発表した。トランプ政権発足後、3人目のホワイトハウス広報部長である。サラ・ハッカビー・サンダース大統領報道官とともに女性同士が二人三脚で、ホワイトハウスにおけるトランプ政権のコミュニケーション戦略を指揮することになった。

 トランプ政権では、初代広報部長のマイク・ダブキ氏が、3月6日の就任から3カ月後の5月末に辞任している。

 トランプ大統領の娘夫婦であるイヴァンカ・トランプ大統領補佐官とジャレッド・クシュナー大統領上級顧問夫妻と懇意であった前任のスカラムッチ氏は、7月下旬に広報部長に就任した。ところが、同氏の起用に反発したラインス・プリーバス大統領首席補佐官が7月28日に事実上更迭。代わりに、ホワイトハウスの規律と秩序を重視するジョン・ケリー国土安全保障長官が横滑りの形で大統領首席補佐官に就任すると、スカラムッチ氏の更迭を求めるケリー氏の進言をトランプ大統領が受け入れ、スカラムッチ氏は在職わずか10日間で広報部長を解任された(2017年7月25日「トランプ政権『閣僚・重要ポスト人名録』(16)スカラムッチ、サンダース」2017年8月2日「『辞任』『解任』続出で迷走するホワイトハウスの『課題』」などを参照)。

画像を見る

大統領からの信頼はあつい(本人のツイッターより)

 ヒックス氏は、トランプ政権発足後から彼女のために特別に新設されたポストである戦略コミュニケーション担当部長を務めていたが、スカラムッチ氏の突然の解任を受け、8月中旬から暫定的に広報部長を務めていた。

 大学卒業後にニューヨークのPR企業に就職したが、その際に顧客であったイヴァンカ氏の知己を得る。そして2014年8月から、トランプ氏が大統領に就任するまで会長兼社長を務めていた不動産開発、投資、不動産資産管理を主要事業とする「トランプ・オーガニゼーション」に勤務し始め、イヴァンカ氏のファッション事業の展開を支援していた。

 そのまま従業員として仕えていたところ、2015年1月、トランプ氏が自らの報道担当を務めるよう直接要請。そして実際に同年6月、トランプ氏がトランプタワーで2016年大統領選挙への出馬を表明した後、報道官、広報部長などの立場からトランプ選対本部の中枢で選挙キャンペーンを支えてきた、いわば側近中の側近である。

 こうした経緯もあるために、トランプ一族との関係は非常に強固である。ただし、トランプ氏の選挙キャンペーンに参画する以前に他の政治活動やボランティア活動に関与したことが一切なく、政治とはまったく無縁であったため、政治的キャリアには乏しい。

 テキサス州ダラスのサザンメソジスト大学卒業。コネティカット州グリニッチ出身。1988年10月21日生。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。