記事

やくみつる氏が「ベストバウト」と語る大相撲の名勝負とは

【2014年初場所の高安対里山戦(写真:共同通信社)】

 相撲好きな人ならば、誰しも必ず「忘れられない一番」があるはず。大の相撲ファンとして知られる漫画家のやくみつる氏が選ぶ「心に残る一番」は、2014年初場所千秋楽の高安対里山戦だ。やく氏が振り返る。

 * * *
 迷うことなくこの一番が私のベストバウトですね。実はそれまでは1971年の九州場所、血染めの三重ノ海対黒姫山戦がベストでしたが、40年以上経って塗り替えられました。

 里山は奄美大島出身の地味な力士ですが、これは彼の相撲人生のすべてがかかった重い一番でした。日大相撲部出身力士として初土俵から3年目で関取になったものの、その後は首を痛めたり靭帯を損傷したりして幕下まで転落。しかしこの場所は、28場所の和歌乃山を抜いて37場所という昭和以降最長ブランクで幕内に返り咲いていました。

 12日目に栃乃若を相手に「一本背負い」という大技を決め、相撲ファンからはその後の土俵が注目されていました。そして7勝7敗で迎えた千秋楽、勝てば初の幕内での勝ち越しと技能賞がかかる大一番となったのです。

 幕下転落中に何度も我が家へ遊びに来ていたので、その苦しい胸中を知っていた私も平常心では見られませんでした。本人曰く、「初めて神様にお祈りして」迎えた千秋楽は今をときめく高安との一番となりました。

 2分を超える大相撲の末、里山が高安を引き落とす。軍配は里山に上がった。勝った瞬間、里山が「ヤッター」と言ったのがわかりました。ところが土俵下の審判の大鳴戸親方(元大関・出島)から物言いがついて、里山が高安の髷をつかんだとして反則負けとなってしまった。

 それはすなわち負け越しが決まったということ。そして同時に、36歳の彼にとって、相撲人生において最初で最後のチャンスだっただろう三賞を逃したことになる。歓喜の瞬間から一転、奈落の底に突き落とされたわけです。土俵下で審判長の説明を聞いて、本気で泣きそうになっている力士を初めて見ました。

 その時の里山の顔が忘れられませんが、この一番に彼が賭けていた重いものを知っていただけに、見ている方はもっと泣きそうでした。すんなり負けたならまだしも、一度軍配をもらいながら逆転負けですからショックも倍増。これほど失うものが多い敗北はあったでしょうか。

 長くベストと思っていた流血の一番は、悲しいかなカラー映像がないんです。久々に見直す機会があったがリアリティが伝わってこなかった。今はこの悲しい里山の一番がベストですね。

※週刊ポスト2017年9月29日号

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  2. 2

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  3. 3

    パリの暴動 スタバが襲撃対象に

    田中龍作

  4. 4

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  5. 5

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  6. 6

    恩を仇で…世界は日産をどう見る

    山口利昭

  7. 7

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

  8. 8

    芸より視聴率 M-1はルール改正を

    松田健次

  9. 9

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

  10. 10

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。