記事

大義なき解散

「大義なき解散」~安倍総理がこの28日(9月)にも衆議院を解散・総選挙を行う意向を示したと与党幹部が相次いで発言、またたくまに「解散突風」が永田町を駆け回っている。まだ正式発表はないものの、今回の突風はやみそうにない気配だ。

しかし、この解散・総選挙の大きな争点は全く見えていない。

今度こそ消費税を8%から10%に上げるために財源の一部を子育てや教育無償化に充てるという方針もあるようだが、逆進性の高い消費税が低所得世帯への支援に回されるというのは本末転倒ではないか。出せるところから徴税するのであれば累進性をもってあてればいいし、内部留保が膨らんでいる大企業からも相応に徴税すればいい。

前回の消費税増税で一般国民の消費マインドが予想以上に落ち込んだ教訓は政府にはまったくないのだろうか。庶民のサイフは思うより相当堅いと気づいてないのか。

さらに、臨時国会開会の冒頭で解散すると当然、臨時国会で議論されるべき国民的課題は一時棚上げ状態に置かれる。「もり・かけ問題」に対する疑問・疑念は払しょくされているとは言えず、多くの国民も関係者からなお明快な説明を求めている。公正性・公平性の観点からすれば、関係当事者である学園理事長や総理夫人の証人喚問も行うべきではないかという声も決して小さくなっていない。

さんざん北朝鮮の脅威をあおりにあおりながら、国会における言論の空白期間をつくることもまた国民からは納得がいかないであろう。危機管理への対応がどうなるのか、臨時国会の論戦において政府の考えを国民に伝えるべきなのにそれも棚上げ。自衛隊を憲法9条に書き込む改正案を提示するとのことだが、そもそも与党自民党は憲法改正草案を提示しているはず。本来ならその改正案可否を国民に問うべきではないのか。それを国会で言及されると総理の立場と総裁の立場を使い分けて言葉を濁す。

なにがあっても負けられない。自分も気を引き締めて支持拡大へと奔走しなくては。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。