記事

【パチンコ】警察は「みなし機」を早急に撤去させるべきである

1/2
ども宇佐美です。

さてパチンコ業界では警察が風営法施行規則を大幅改正することが決まり、その対応に大わらわになっているようですが、いわゆる「みなし機問題」についてどうやら全日遊連がめちゃくちゃなことを言い出しているようなので、簡単にコメントをしておきたいと思います。

まずは簡単に制度の説明から入りますと、現在全国のパチンコホールに設置されている遊技機は風営法上の扱いにおいて大きく3つに分類されます。風営法ではパチンコホールに対して、設置する遊技機が風営法施行規則第8条で定められた「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」(いわゆる射幸性基準)を犯さないようにすることを義務付けています。

とは言ったものの、警察が一目で特定の遊技機の出玉率やら役物比率やらを解析して射幸性基準を満たしているかどうかを判断するのは困難なため、事前に基準への適合を確認する制度が整備されています。このブログでも再三説明していますが、それが「検定」と「認定」です。

「検定」はメーカーの大量製造を前提に型式ベースで認可するもので、「認定」はホールが個別の遊技機単位で合法性を確認する手続きです。両方ともその期間は3年で、略称としては検定を取得した型式に属する遊技機を「検定機」、ホールが認定を取得した遊技機を「認定機」と言います。両者の関係性ですが、検定機の検定期間が切れそうになったら認定を取得する手続きを申請して認定機として営業に用いる、という関係になっています。一般的には

①メーカーが特定の遊技機の型式に関して検定を取得する

②ホールが当該型式に関する「検定機」を入荷して、最大3年間営業に用いる

③人気機種で3年過ぎてもなお営業に用いたい場合は、個別の遊技機に関して認定を取得して「認定機」としてさらに最大3年間営業に用いる

という運用がなされています。つまりホールは特定の遊技機を検定機として3年、認定機として3年、最大6年間合法性を保証された状態で運用することができます。

あわせて読みたい

「パチンコ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。