記事

元民主議員「早期の解散総選挙なら事実上の自民不戦勝」


【手を離したらバラバラに?(写真:時事通信フォト)】

 一時期の低支持率から一段落した自民党内では早期の解散総選挙を求める声があがっているという。それでは、安倍首相が9月中にも召集される見通しの臨時国会冒頭、あるいは10月22日のトリプル補選(青森4区、新潟5区、愛媛3区)直後に解散を打てばどうなるか。

 自民党が7月の東京都議選で大惨敗した直後、新聞各紙は総選挙での自民の大幅議席減を予測した。

 東京だけの現象ではない。8月の内閣改造後も安倍内閣の不支持率が支持率を上回り、都議選に投票できなかった多くの国民が「次はわれわれの1票で驕る安倍自民にお灸を据える番だ」と総選挙を待っていたことがわかる。

 ところが、わずか数週間で情勢はガラリと変わった。「政界の生き字引」と呼ばれる平野貞夫・元民主党参院議員が語る。

「北朝鮮情勢から考えて安倍首相が早期解散に踏み切るとは思わないが、もし総選挙を行なった場合、野党側は準備不足でまともに戦えない。まず、民進党から離党者が相次いで野党共闘が進んでいない。前原誠司・代表は離党組にあまねく刺客を立てるといっているが、そんなことをすれば小選挙区で勝ち上がっている議員と共倒れになる。事実上の自民不戦勝だ」

※週刊ポスト2017年9月29日号

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。