記事

大量の500ユーロ紙幣でトイレが詰まる、ジュネーブ検察が捜査中

[ジュネーブ 18日 ロイター] - ジュネーブの銀行と飲食店3軒のトイレで、合わせて10万ドル(約1115万円)相当の500ユーロ紙幣が便器に捨てられて詰まる事件が発生し、検察が捜査に入ったことが18日に明らかになった。事件は5月に起きたという。

検察の広報担当者は「われわれは、動機には関心がないが現金の出所は突き止めておきたい」としたうえで、現金を捨てることもトイレを詰まらせることも犯罪ではないと付け加えた。

この事件を最初に報じたトリビューン・ドゥ・ジュネーブ紙によると、ジュネーブの金融街にあるUBS銀行のトイレで、便器に500ユーロ紙幣が大量に捨てられており、数日後に付近のビストロ3軒でも現金が捨てられて便器が詰まっているのが見つかった。

捜査中、現金は差し押さえ扱いとなっている。合法的な現金と判明した場合に誰のものとなるかは不明。広報担当者は、「汚れた金」と考える直接の理由はないとしている。

欧州中銀(ECB)は昨年、500ユーロ紙幣が資金洗浄(マネーロンダリング)などの不正行為に頻繁に利用されている懸念があるとして、廃止する方針を発表した。 

あわせて読みたい

「スイス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  7. 7

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  8. 8

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  9. 9

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  10. 10

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。