記事

前場の日経平均は大幅続伸、2万円回復 2カ月半ぶり高値水準

[東京 19日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比288円06銭高の2万0197円56銭となり、大幅に続伸した。連休中の米国株の上昇や、1ドル111円台半ばまでドル高・円安に振れた為替相場を支えに、心理的節目の2万円を寄り付きで回復。取引時間中としては6月29日以来、2カ月半ぶりの高値水準を付けた。TOPIXは年初来高値を更新した。

東証33業種中、水産・農林とパルプ・紙を除く31業種が値上がりした。金融セクターや外需大型株が堅調に推移したほか、任天堂<7974.T>が5%を超す上昇となり、約9年ぶりに4万円台を回復。セクター別では、その他製品が上昇率トップとなっている。午前中の東証1部売買代金は1兆4100億円超に膨らんだ。

連休中に安倍晋三首相が今月28日召集の臨時国会会期中に衆院を解散し、総選挙を検討する意向を与党幹部に伝えていたことが判明。解散となった場合、投開票日まで株高となるアノマリー(過去の経験則)なども意識された。

もっとも日経平均ボラティリティー指数<.JNIV>は小動き。「現物指数がギャップアップした場合、ボラティリティ―指数も一時的に上昇するが、そうはなっていない。日経225オプションのコールの売りで収益を上げた投資家の買い戻しは入ったが、新規にコールを買った投資家はほとんどいない印象」(フェアラインパートナーズの堀川秀樹代表)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1573銘柄に対し、値下がりが371銘柄、変わらずが84銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    中国の狙いは“人民元”拡大と知財保護? TPP加入なら専門家「今後は日本のメリットになっていく」

    ABEMA TIMES

    09月19日 12:13

  10. 10

    東京都で新たに565人の感染確認 28日連続で前週の同曜日を下回る

    ABEMA TIMES

    09月19日 17:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。