記事

米国、条件整えばパリ協定に残留も=ティラーソン国務長官

[ワシントン 17日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は17日、米国は適切な条件の下で、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」にとどまる可能性があるとの認識を示した。米政権が示していた離脱方針の転換を示唆する発言。

同長官はCBSの番組「フェイス・ザ・ネーション」で、米国にとって公平で均衡の取れた条件が設定できるなら、トランプ大統領はパリ協定で他国と協力することに前向きだと語った。

米国が協定に残留する可能性はあるかとの質問に対し「条件が整えば、そう思う」と答えた。

マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)も同日、テレビのインタビューで、トランプ氏は常にパリ協定の修正検討に前向きだと述べ、同様の認識を示した。

ABCの番組「ジス・ウィーク」で、「(トランプ氏は)米国にとってより良い条件となれば、再び加盟する可能性を残した」と語った。

あわせて読みたい

「パリ協定」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  8. 8

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  9. 9

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。