記事

防衛大1期生が明かす「吉田茂が語った自衛隊論」

1/2


【防大1期生の平間氏(撮影/平田貴章)】

 北朝鮮による威嚇により、この国の防衛体制にあらためて注目が集まっている。国民の生命と財産を守る最前線に立つのが自衛官であり、将来の幹部自衛官を教育・訓練するのが神奈川県横須賀市にある防衛大学校だ。コミックス『あおざくら』の巻末インタビューに答えた“防衛大学校1期生”で元防大教授でもある平間洋一氏が、「吉田茂が60年前に語っていた自衛隊論」を明かした。

 * * *
 防衛大学校は、昭和27年に保安大学校(昭和29年に防衛大学校に改名)として設置されました。私は昭和28年4月1日に入校した本科第1期生です。

 初年度の入試倍率は、私の記憶では32倍という狭き門でした。ただし、最初に明白にしておきたいのですが、私はエリートでもなんでもなく、ギリギリの成績で合格し卒業した、エリートどころかデリートです(笑)。

 異端児の多かった1期生ですが、保安大を志望した理由は様々でした。父親が旧日本軍の高官の子息も2~3割はいたでしょうか。戦後、満州や朝鮮で苦労し、着の身着のまま命からがら日本に辿り着いた引揚者も15~16人いたと思います。彼らは「敗戦後の日本に軍隊がなかったから、我々はこれほど苦労したのだ。だから新しい軍隊を作ろう」という意欲を持っていました。また、食うにも困る程貧しく、学費が無料だということで志望した学生もいました。

 私といえば、父は海軍でしたが、父の助言で保安大を志望したわけではありません。そもそも私自身は左翼学生でした。大学受験の際、「外交官として国のために尽くしたい」と東京大学を受験するも不合格。高校の恩師に進路を相談すると、「駐在武官という職業がある。保安大がいいのでは?」と勧められたのが志望動機です。

 受験は筆記試験と面接、身体検査がありました。身体検査では肺病の検査をするため、当時は貴重だったレントゲン撮影がありました。今ならなんてことはないことですが、ペニシリンですらお金持ちが闇でようやく手に入れていた時代です。レントゲン撮影ができる一般市民など、ほとんどいませんでした。跳ねっ返りで気の強かった私は、面接で志望動機を聞かれ、「レントゲンを撮ってくれるというので志望しました!」と答え、面接官にムッとされたのを覚えています。


【1期生卒業アルバムより。吉田茂の「居於治不忘乱(治に居て乱を忘れず)」との言葉が】

 卒業してだいぶ経ってから当時の教官のひとりから聞いたことがあります。その教官は、「25点以下が落第で、お前は25点だったが、もしかしたら大物になるかもしれないと思い、俺が1点足して26点にしたんだ」と言うのです。つまり私は、謙遜でもなんでもなく、本当にギリギリの成績で保安大学校に合格したわけです(笑)。

◆“オヤジ”こと吉田茂の遺訓

 多士済々、もしくは玉石混合の1期生でしたが、誰もが「新しい自衛隊は、我々が作るんだ」という自覚を非常に強く持っていました。旧軍の教官が「昔はだなあ」などと話し出すと、我々は「敗軍の将、兵を語らず」などと言い返しこともあったほどです。教官たちは、さぞやりにくかったことでしょう。もちろん、今考えれば教官たちのほとんどが、立派な人たちでした。よく私たちの暴言に耐えておられた。申し訳なかったなと、今になって思います。

あわせて読みたい

「吉田茂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  3. 3

    沖縄の民意無視 土砂投入に怒り

    五十嵐仁

  4. 4

    親世代と大違い 名門私立の凋落

    PRESIDENT Online

  5. 5

    パリ暴動 マクロン氏の冷酷措置

    田中龍作

  6. 6

    富裕層の贈り物はなぜ気が利くか

    内藤忍

  7. 7

    消費税 クレカ還元は金持ち優遇

    舛添要一

  8. 8

    HUAWEI排除「通信は安全」幻想に

    S-MAX

  9. 9

    賃金上昇せず 増税で景気後退か

    MONEY VOICE

  10. 10

    前原氏 バラバラ野党の現状謝罪

    国民民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。