記事

台湾のデモと日本の未来

台湾~上海~香港へと出張して参りました。
台湾行きの大きな目的の一つは、蔡英文総統との面会でした。
台湾の政治経済について幅広く意見交換をさせていただこうと楽しみにしておりました。
しかし残念ながら、会見は中止になってしまいました。

現地では、3万人ともいわれる反政権デモが行われており、大きな混乱が続いていたためです。
デモの理由は、退役軍人等の年金をカットするという、年金制度改革への反発です。

台湾の財政状況は厳しい状況にあり、特に年金制度は、破綻の危機にあるとされています。
年金制度において優遇されているのが、「軍公教(軍人、公務員、教員)」退職者です。
蔡政権は、財政負担を軽減するために、「軍公教」の年金受給額削減に踏み切ったのです。

そのため、年金受給額削減法案を決定して以降、法案に反対する退役・退職者による抗議活動が激化。
蔡氏の訪問先の現場に現れて靴やペットボトルが投げつけるなど、大変な事態になっています。

破たんの危機にある年金制度に対して、蔡政権が手を打ったことは、間違いだとは思いません。
しかし、一度恩恵を受けた人が、それを手放すことは大変難しいことです。
既得権を持つ人がそれを手放すためには、「国の財政を立て直すために、自分も少しは我慢をしよう」という強い意思を持たなければなりません。

日本でも同じです。
国民一人一人が少しずつ我慢をしなければ、日本の財政は立ち上がっていかないでしょう。

「自分がちょっと損をしても、社会全体が良くなることを優先する」

このような価値観を持つ大人が増えることが、既得権を持つ人のためではない、最大多数の国民の幸せを実現する政治に必要なことです。

台湾の3万人のデモを見ながら、日本のこれからに思いを馳せました。

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  2. 2

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  3. 3

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  4. 4

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    山本太郎氏は都知事選に出るべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  7. 7

    権力叩く朝日が生むマスコミ不信

    fujipon

  8. 8

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

  9. 9

    原発なくとも東電の電力は余裕

    かさこ

  10. 10

    日本の姿勢では改善せぬ日韓関係

    柚木道義

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。